天気

mostly sunny

6.1°C

sunny

3 - 13°C

sunny

5 - 17°C

瞬間

クラブ・レッドバーの赤いシャンデリアと踊りに興じるひとたち
いまこの瞬間、ウィーンのディスコに人気DJが登場しました。ホットなサウンドが聞こえますか? ナイトライフ

ウェブカメラ画像

市庁舎から見たブルク劇場

ブルク劇場のウェブ カメラで

ウィーンの景観をご覧ください。

ホテル

イベント

カフェ・レオポルドのテラス

ミュージアムクォーター

ミュージアム・クォーター・ウィーン(MQ)は大規模な文化施設として世界で十指に数えられます。 旧市街のはずれ、旧帝国厩舎の6万平方メートルの敷地には、バロック建築と現代建築とのポストモダンな組合せのなかに、さまざまな芸術部門、レストラン、カフェ、ショップの施設がまとめてあります。主な施設として、白い漆喰色の新館にレオポルド美術館(シーレ、クリムトのコレクション)、濃灰色の玄武岩に覆われたウィーン・ルートヴィッヒ財団近代美術館、クンストハレ、そしてフェスティバルホールE&G(ウィーン祝祭週間、ダンスセンター)があります。

ミュージアムクオーター
ミュージアムクウォーター内のピンクのソファーに座る女性
ミュージアムクオーターのベンチでくつろぐ人々

訪れる人々の都会的な生命感にあった雰囲気、それは旧いものの保存と新しい体験、そしてすべて一緒に楽しむというものです。これに即したカラフルで多様な社交の場を、名だたる博物館とコレクションの表に構えました。

シーレの作品を鑑賞後はカフェ・レオポルドにお立ち寄りください(日曜〜水曜10時〜2時、木曜〜土曜10時〜4時)。ほぼ毎晩登場する独自のDJラインが人気を呼んでいます。カフェ・レストラン「ハレ」(毎日10時〜2時)では、ウィーンの建築デザインの旗手、アイヒンガー・オーダー・クネヒトによる内装をぜひご覧ください。

バーにもあふれるアートデザイン

建築センターのコルバチ(毎日10時〜24時)では、アン・ラカトンとジャン・フィリップ・ヴァッサル設計の内装にご注目ください。書店に隣接するカンティーネ(月~水:9時~24時、木~土:9時~2時、日・祝祭日:10時~24時)は、買ってきたばかりの本をパラパラめくるのに最適です。

バーカウンターまでのデザイン

建築センターの中にあるミロ(月金9-24、土10-24、日10-18)のデザインは、アン・ラカトンとジャン=フィリップ・ヴァサールによるもので、一見の価値があります。 書店のすぐ隣にあるカンティーネ(月水10:00-24:00、木〜土10時-2時、日祝10時-22時)は、わけても隣で買った読み物をゆったり読むのに良い場所ともなっています。 

そしてバイオのカフェ・スタンド、ウンテルム・ホラーブッシュ(月金9時-19時、土9時-18時)は、自らいわく「バイオ製品の芸術的価値」を探求する店です。

レオポルド美術館
近代美術館 ルードヴィヒ・コレクション
クンストハレ
モダンアートのスリリングな殿堂 クンストハレ・ウィーン

ウィーン・ミュージアム・クォーター (MuseumsQuartier Wien)

Museumsplatz 1
1070   Wien
  • お問い合わせ

    • +43 1 523 58 81
    • +43-0820 600 600
    • +43-1-523 58 81-1730
    • office@mqw.at
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
    • 駐車場 メインエントランス
      • 10 か所身障者用駐車スペース
    • エレベーターあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Wheelchair service in the MQ-Point by the main entrance: daily 10 am – 7 pm free rental (form of ID left as a deposit). Inductive audio systems in the auditoriums (Hall E + G).

    • Access to all MuseumsQuartier institutions: no steps. All public elevators are suitable for wheelchairs. 6 free parking spaces for visitors with special needs on the premises (access: Burggasse / Volkstheater) with proper identification and 4 parking spaces for visitors with special needs in the parking garage (basement level 2 next to elevator, access: main entrance Museumsplatz).