現在のページ:

© WienTourismus/ Peter Rigaud

ウィーンがアワード受賞!

シドニーで開催されたオーストラリアLGBTIアワード授賞式で、ウィーンが「デスティネーション・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。他の強力な候補ニューヨークシティ、カナダ、タイ、ラスベガス、ロサンゼルスなどを押さえて、ウィーンがトップに立ったのです。「これまでの『隠れたヒーロー』ではなく、LGBTコミュニティのホットスポットとして世界的な認識を得たのです」と語るのは、ウィーン市観光局のノルベルト・ケットナー局長です。オーストラリアLGBTIアワードは毎年、12のカテゴリーで授与されます。

コンチータ・ヴルストは「インターナショナル・アイコン」

栄冠に輝いたのはウィーンだけではありません。コンチータ・ヴルストも「インターナショナル・アイコン(International Icon)」部門でトップの座に就いたのです。リッキー・マーティン、マルチナ・ナブロチロワ、ケイトリン・ジェンナーなどのライバルを退けての勝利です。2014年度ユーロビジョン・ソングコンテストの優勝者に心からの祝福を贈りましょう。

今年1月、世界最大のLGBTトラベル・プラットフォームのひとつGayTravel.comが、ウィーンを世界最高のデスティネーションと紹介しました。2017年にはウィーンが、世界観光機関UNWTOの「LGBT世界旅行第二レポート」において、最も快適な旅行地および「LGBT旅行者にとって理想的なデスティネーション」のひとつに選ばれています。「今回のアワードは、ウィーンが全ての側面においてコスモポリタンな大都市であり、多様性と多種多様な人生コンセプトが当然のこととして受け入れられることを示しています」とケットナー局長は強調しています。

オーストラリアLGBTIアワード

GayTravel.com

シドニーでの授賞式 © Australian LGBTI Awards
© Helena Hartlauer
記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介