現在のページ:

動物のお仕事

最も自然な草刈りシステム

近年ウィーンと周辺のあちこちで、極めて持続可能性の高い草刈りシステムが稼働しています。それはヤギとヒツジの草刈り部隊で、夏中忙しく草むしりに専念します。例えばビザムベルクでは40頭のヤギが草刈りに励んでいます。彼らの食べ物の大半は草や木の葉などで、乾燥性の草原は理想的な食卓兼職場となります。こうして急斜面の草地も荒れ地になることなく、動植物の多様性も維持されます。ドナウインゼルでは草刈りヒツジたちが、毎年夏を通して新鮮な草をいっぱい食べ、自然な方法で適度な草丈を保ちます。秋になると彼らは冬用の畜舎に移ります。

「何も文句はありません」

こう言うのは、ラウテンウェーク廃棄物最終処分場で暮らす幸せなヤギたちです。ウィーンでも最も大きな区であるドナウシュタット区にある一番高い丘はゴミからできています。この特別な山はラウテンヴェーグにあります。中つ国のオークにとってのモルドールは、ピンツガウ山羊の群れにとってはゴミの山なのです。山羊たちはゴミの山の番人であり、住民でもあるのです。1993年以来、山羊たちはこの一帯でメエメエ鳴きながら元気に走り回っています。もともとザルツブルク産のピンツガウ種の山羊は絶滅危惧種であると言われてきました。現在、本来は山岳地帯に生息する山羊たちは、ゴミの山の草が伸び過ぎないように、生きた芝刈りの役割を果たしています。ラウテンヴェーグではすでに100頭以上の子ヤギが誕生しているため、種の保存のためにも大いに貢献しています。ゴミ処理場職員のヘルベルト・ディーゼンライターは4本足の強力な助っ人たちについて「動物たちは私たちを見るとすぐに駆け寄って来ます。中には私たちが哺乳瓶で育てた子ヤギもいますが、そのことを覚えているようです。だから山羊には「甘えん坊」という愛称が付けられているのかもしれません」と夢中になって話してくれました。

5月から10月までは、施設を紹介するガイドツアーがあり、ヤギたちを訪問できます。

詳細情報&見学申し込み

Video: Pinzgau goats working security at a municipal dump

デポニー・ラウテンヴェーク

Rautenweg 83
1220 Vienna
  • 営業時間

    • 5月 ~ 10月
      fair-weather only
  • ガイドツアー

      • every second Friday of the month 2 pm
      • every first Saturday of the month 10 am

      The Rautenweg dump can only be visited on a guided tour by prior appointment.
      Sturdy shoes necessary!

Bisamberg

Bisamberg
1210 Wien

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

ご関心をお持ちと思われる内容