ウィーンの博物館

レオポルト美術館のエゴン・シーレ作品集

現在のページ:

ゴリフのウィーン・ギュルテルの巨大壁画
© KMG/Foto: Ingo Karnicnik

町はずれのアート

公共交通が非常に充実しているために、ウィーン中心部から郊外へも簡単に行けます。わざわざ行く甲斐があります。ギュルテルと呼ばれる環状道路よりも外側に移転するギャラリーや若手アーティストが作品展示会場として利用するオフスペースが益々増えているためです。現在ホットスポットの一つとなっているのが16区のオッタクリンガー・ビール醸造所の裏手にあるオフスペース「ディ・シェーネ」。工場の2階にある広さ400㎡の多目的スペースは、ギャラリー、実験スペース、生産ワークショップそしてアトリエに使われており、1階にはコンテンポラリー・アートのオンラインショップのプラットホーム「クンスト・アプ・ヒンターホーフ」のショップもあります。ここでは新進のコンテンポラリー・アートの作品が購入できます。運営者のソニヤ・ガンスベルガーとフロリアン・アッペルトはオッタークリングに移ったことを後悔していません。「すでに成功している芸術と適度な「安全距離」を置いているこの場所が気に入っています。新しい、伝統にとらわれないものをスタートしたかったので」。デメリットは限定的だと言います「中心部のすぐ近くにないということは、クリエイティブになるためにはプラスです。色々なくふうによって、通りすがりの人がいない点を補っています」

15区にはAAコレクションズが、また18区にはフレヴァイン・カザクバエフが移転して来ました。10区にあるパン工場にはいくつもアートスペースやギャラリーが入っています。16区のイッペンプラッツでは、もと屋内市場だった場所がプルンネンパサージェと呼ばれる多目的スペースになり、演劇、ダンスから音楽イベント、展示会そして映画上映会など年間400以上のイベントが開催されています。更に20区のニュー・ヨルグMz*バルタザールス・ラボラトリーという二か所のオフスペースでは、奇想天外なアートが見られます。

ストリートアートの芸術家たちもウィーンの郊外にある区に目をつけるようになりました。ヘルンアルザー・ギュルテル13にアーティストのゴリフが描いた25×15 mの壁画(17区)はまだ描かれたばかりです。イッペンプラッツの周辺でもいくつものストリートアートが見られます。ブラウンヒルシェンパーク(15区)、クエレン・シュトラーセ156(10区)、ブロートファブリック(10区)とギルスターガッセ10(12区)にも見ごたえのある作品があります。

文:ロバート・サイデル

ギャラリー・ディ・シェーネ

Kuffnergasse 7
1160 Vienna

AAコレクションズ

Reindorfgasse 9
1150 Vienna

ギャラリー・フレヴァイン−カザクベフ

Schulgasse 70
1180 Vienna

ブロートファブリック・ヴィエナ(ブレッドファクトリー)

Absberggasse 27
1100 Vienna
  • バリアフリー

    • エレベーターあり
      • ドア 90 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Designated parking spaces for people with disabilities only on request at the individual institutions.

ブルネンパッサージュ・アートソーシャルスペース

Brunnengasse 71/Yppenplatz
1160 Vienna

ニュー・イェルグ

Jägerstraße 56
1200 Vienna

Mz* バルタツァーズ・ラボラトリー

Wallensteinstraße 38-40
1200 Vienna