現在のページ:

アン・デァ・ウィーン劇場エントランス
© Peter M. Mayr

アン・デァ・ウィーン劇場

ウィーンはオペラの都です。アン・デァ・ウィーン劇場は、国立歌劇場フォルクスオーパーとともに極めて人気の高いオペラハウスです。

2021/22年シーズンのプロダクション

オペラ誕生の時代から現代まで:

  • カヴァリエーリの「魂と肉体の劇」(1600)はロバート・カーセンが演出、バロック・アンサンブル「イル・ジャルディーノ・アルモニコ」が演奏します。
  • ブリテンの「ピーター・グライムズ」ではエリック・カトラーが主演、クリストフ・ロイの演出は国際オペラ賞を受賞しています。
  • カタラーニの「ラ・ワリー」では、イザベラ・マトゥーラがワリーを演じます。
  • ヘンデルの「ジュリオ・チェーザレ」ではベジュン・メータが主演、キース・ウォーナーが演出します。
  • プッチーニの「トスカ」はマルティン・クシェイが演出、インゴ・メッツマッハーの指揮です。
  • ヤナーチェクの「イェヌーファ」はロッテ・デ・ビアーが演出、ニーナ・シュテンメとスヴェトラーナ・アクセノヴァが出演します。
  • 記念コンサートでは、アルベルト・ロルツィングの喜歌劇「刀鍛冶」が紹介され、ニコラウス・ハビヤンとギュンター・グロイスベックが登場します。
  • 「コンサートシーン」ではフローリアン・ベッシュが、シューベルトの「冬の旅」を歌います。

オススメ情報:カンマーオーパー

アン・デァ・ウィーン劇場の若手アンサンブルは、アン・デァ・ウィーン劇場の第2の劇場であるカンマーオーパーに出演します。ポートレート・コンサートからグランド・オペラの型破りな新解釈まで、この舞台のバラエティは多彩です。ウィーン旧市街に位置するこの小さなオペラハウスでは、出演者を特に間近に観ることができます。

アン・デァ・ウィーン劇場

Linke Wienzeile 6
1060 Vienna
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
    • 駐車場 メインエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
        in front of the theatre (from 6 pm)
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • 2 車椅子用スペースあり (stalls)
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり

ウィーン・カンマーオペラ (Kammeroper)

Fleischmarkt 24
1010 Vienna
  • 料金

    • Vienna Card reductions only for productions of the Theater an der Wien at Wiener Kammeroper
  • バリアフリー

    • その他
      • 盲導犬同伴可
    • 注記

      Not wheelchair accessible, no wheelchair places without steps.

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介