トレンディーショッピング

ゴールデン・クオーターでショッピングを楽しむ人々

現在のページ:

レナ・ホシェックのレディースファッション
© Getty Images

ファッションの街ウィーン

ペチコートとロカビリー、トラハテンブルースとタトゥ:オーストリアの若手デザイナー、レナ・ホシェック は、確たる自覚をもつ女性のため独特のスタイルを生み出しました。ケイティ・ペリーなどのスターたちも彼女のコレクションを着用しています。レナ・ホシェックはヴィヴィアン・ウェストウッドのもとで学び、1950年代のフェミニンなシルエットを中心テーマとしています。レナ・ホシェックのモードはウィーン1区に新開店したフラッグシップストア(レトロなハリウッド風の内装)でお求めになれます。シューズやドレス、ウエディングドレスなども取り揃えています。

ウィーン在住のブルガリア人ペタール・ペトロフ は今や、ファッション界に不可欠の存在となっています。彼のスタイルは省略を基調とし、意外な色彩や細部が新鮮です。出発点は紳士服でしたが、数年来、女性ファッションも手がけ、ミニマリズムと特別な素材がチャームポイントとなっています。コンセプトストア・パークは、ペーター・ペトロフの婦人服・紳士服を扱い、グラーベンのリスカはレディーズ・コレクションを専門としています。

シェラ・カーン のレーベルを支えるアニタ・アイグナーとグードルン・ヴィンディッシュバウアーは、ウィーンのファッション界におけるパイオニアでした。彼女たちは既に1980年代、この独自レーベルを立ち上げたのです。シンプルで磨きぬかれたデザインのファッションは、シュピーゲルガッセの独自ストアでお求めいただけます。

ミシェル・マイヤー もウィーン・ファッション界のパイオニアのひとりです。1995年、彼女は同名のレーベルをスタート、すでに2001年からシンガーシュトラーセに店舗をオープンしました。彼女のフェミニンなファッションは、流れるようなシルエット、エレガントなドレープ、アシンメトリーなカットが魅力です。とりわけイブニングドレスが彼女のスペシャリティです。

スザンネ・ビソフスキーは極めて独創的な独自のスタイルを創造し、伝統的なモチーフをモダンなクチュールへと変容させています。そのイメージは「美しいウィーン女性」で、洗練されたレディと生意気な小娘が同居しています。それが彼女のスタイルであり、ウィーンのエレガンスなのです。ウィーンのアトリエで彼女は、民俗的要素とエレガンスを結合させ、あるいはパンクと対置します。インスピレーションは過去の世界から浮かび上がります。アンナ・ネトレプコやペギー・シーゲルなどの著名人もビソフスキーのクリエーションを着用しています。名高いファッション評論家スージー・メンケスも既にビソフスキー独自のスタイルに注目、ウィーン7区のサロンを訪れ、ニューヨーク・タイムズに紹介しています。

レナ・ホシェック フラッグシップストア

Seilergasse 16
1010 Vienna

パーク

Mondscheingasse 20
1070 Vienna

リスカ

Graben 12
1010 Vienna

シェラ・カン

Spiegelgasse 15
1010 Vienna

ミシェル・マイヤー

Singerstraße 7
1010 Vienna

スザンネ・ビソフスキー Salon privé

Seidengasse 13/6
1070 Vienna