ライフスタイル

フォルクス劇場のローテ・バーと美しいシャンデリア

現在のページ:

ディスコのDJ
© iStock/DisobeyArt

エレクトロサウンド

1990年代にクルーダー&ドルフマイスターのDJユニットが「ウィーナー・サウンド」を国際舞台に紹介して以来、ドナウメトロポールのミュージックシーンも大きく発展し、ラウンジ風ダウンビートは姿を消しました。今はクラブで、テクノ、エレクトロサウンド、ブレイクビートとともに踊る時代。とりわけユニークなクラブが人気を呼んでいます。

フレックスが最高のサウンドシステムを備えていることは、今や全ヨーロッパに知れ渡っているようです。地下鉄のトンネルを利用したホールでは、騒音問題も全くありません。ここには、DJヘル、トレンテメラー、カール・クレイグなどが繰り返し登場し、ターンテーブルで音響のアクロバットを披露しています。今はドラムアンドバスやブレイクビートが人気を呼んでいます。

大観覧車で名高いプラーター遊園地の入り口近くでは、地下にあるロケーションが人気を集めています。フルックフルック・ヴァンネは、エレクトロサウンドの殿堂で、アバンギャルドのノイズ・パフォーマンスから、陽気なインディ・ディスコ・パーティまで幅広いプログラムを誇ります。プラーターサウナでは夏季のビーチクラブのほか、年間を通してハイレベルのエレクトロミュージックイベントが人気を呼んでいます。

グレレ・フォレレは金曜と土曜に、国際的なDJたちが登場します。地下鉄高架線のアーチ下にあるリツは、すでに長年、DJセットとライブ・アクトのホットスポットとして定評があります。

エレクトロ・ゲナーは、ショッピング街マリアヒルファー・シュトラーセに直接面していない中庭にあるものの、既に長らくファンの間で、シークレットスポットとして知られています。かつて電気製品専門店だった建物にあるクラブの常連には、特に建築家、アーチスト、ミュージシャンが多く、深夜まで一日のフィナーレを楽しみます。

ドナウは見つけにくい場所にあり、ファンのみが知るシークレットスポットです。案内看板もないのでその前を通りかかっても気が付きません。毎日営業の同店は地下にあり、音楽はテクノが主流です。バーとクラブの融合スタイルの店内にあるソーセージスタンドも有名です。

フレックス

Donaukanal - Augartenbrücke
1010 Vienna
  • 営業時間

    • Club 木 - 土, 23:00 - 06:00
    • Events and concerts - see website.

フルック

Praterstern 5
1020 Vienna

プラターサウナ

Waldsteingartenstraße 135
1020 Vienna
  • 営業時間

    • 6月 ~ 9月
      Sauna Strand Klub, Eintritt frei
    • 水 - 土, 11:30 - 20:00
    • Club/Disco 金 - 土, 23:00 - 06:00

グレレ・フォレレ

Spittelauer Lände 12
1090 Vienna

リッツ

Lerchenfelder Gürtel, Stadtbahnbögen 37-38
1080 Vienna

エレクトロ・ゲンナー

Mariahilfer Straße 101/1
1060 Vienna
  • 営業時間

    • 月 - 木, 19:00 - 02:00
    • 金 - 土, 19:00 - 04:00

ドナウ (Donau)

Karl-Schweighofer-Gasse 10
1070 Vienna
  • 営業時間

    • 月 - 木, 20:00 - 04:00
    • 金 - 土, 20:00 - 06:00
    • 日, 20:00 - 02:00