高級腕時計と女性

現在のページ:

伝統から生まれるエレガンス:ウィーンの時計

フランツ・ヨーゼフ皇帝、皇妃のシシィ、ジークムント・フロイトなどは、かつてカール・スッキー&ゾーネの最も著名な顧客でした。ウィーンとプラハを拠点に1822年創設された時計マニュファクチャーは、まもなく帝室御用達時計メーカーとなりました。1873年のウィーン万国博覧会で、カール・スッキーは大成功を収めました。これは既に当時から、時代を超越したウィーンのデザインとスイス発祥の時計技術を結び合わせたものでした。王朝の終焉とともに姿を消した伝統の時計は、今再び入手可能となりました。

腕時計
© Carl Suchy & Söhne

カール・スッキー&ゾーネのカムバックを飾るのはオートマチックの腕時計ワルツNo1です。ミニマリズムのデザインはピューリタン的なアドルフ・ロースを代表とするウィーン現代美術にインスピレーションを得ています。王朝時代と同様、時計はウィーンでデザインされ、スイスで手造りされます。年間生産数も厳格に制限されています。また、めずらしい置時計も生産されます。

これらの時計は事前予約の上、プリンツ・オイゲン通り48番地にあるカール・スッキー&ゾーネのオフィス(ご予約は、メールsales@carlsuchy.com あるいは電話+43 660 75 24 331までご連絡ください)、または以下のパートナー店でお求めいただけます。

高級腕時計と女性
© Carl Suchy & Söhne
ロースハウスでコーヒーを飲む男性と高級腕時計
© Carl Suchy & Söhne

Carl Suchy & Söhne

Prinz-Eugen-Straße 48/Top 3
1040 Vienna

マイスター時計師 ヒューブナー

Graben 28
1010 Vienna

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

ご関心をお持ちと思われる内容