カフェ・スーパーセンス店内

ウィーンのカフェハウス「リローデッド」

「クラシックな」カフェハウスは19世紀以来ウィーンに不可欠の風景となっていますが、近年はさらに「第三世代のコーヒー文化」も普及しています。この新たな潮流は、コーヒー豆の産地、保存法、焙煎法を重視するばかりでなく、完璧な淹れ方を追及しています。こうしたカフェはモダンな内装で、最高のカプチーノ、エスプレッソ、その他のクリエーションを提供しています。

おそらくウィーンで最高のコーヒーが味わえるのは、フェルステル宮殿のカフェ・クチュールでしょう。多くの賞を受けているバリスタのゲオルク・ブラニー氏は、ウィーン9区にあるカフェ・クチュールの別店舗でコーヒー豆を自ら焙煎しています。コーヒーはゲストの好みに応じて様々なマシンを用い、あるいはコールドブリューで淹れられます。

ウィーン2区プラーターシュトラーセにもコーヒー・マニアのホットスポットがあります。チロル出身のオットー・バイヤー氏の経営するカフェバー・バルタザールです。快適な店内では、カルト的存在のマルゾッコ・エスプレッソマシンによるコーヒーが供されます。少し先のスーパーセンスはドッゲンホーフにあります。建物のファサードとサンマルコのライオンがヴェネチアへと誘い、味わい豊かなコーヒーへの視覚的エントランスとなっています。.

トビアス・ラディンガーのコーヒーファブリックは4区のファヴォリーテンシュトラーセにあり、自家焙煎とシンプルな内装がチャームポイント。コーヒー豆は直接生産者から購入しています。トレンディな7区では、数人のIT専門家が独自のコンセプトによるカフェミック・プロジェクトを実施。ピューリタン的内装のカフェでは、月ごとに違う焙煎専門家のコーヒーが紹介されます。

8区のウィーナー・ロストハウスは全く違う内装です。コロニアルな雰囲気の店内では、豆を直接焙煎し香り高いコーヒーが供されます。プラーターにも支店があります。ショッテントアのカフェ・ヨナス・ラインドルでは、ウィーンの著名な焙煎専門店ズュースムントのコーヒー豆を使っています。もちろんコーヒーの淹れ方、インテリアにも工夫が凝らされています。

ウィーンのカフェハウスは限りなく変化に富んでいます。1000軒以上のカフェとエスプレッソ・バーで全てのコーヒーを味わうには、かなりの時間が必要です。

文:アンゲリカ・エトル

CaffèCouture

Freyung 2/Palais Ferstel, 1010 Wien
わたしの旅行プランに追加する

CaffèCouture Café, Showroom & RoastingLab

Garnisongasse 18, 1090 Wien
  • 営業時間

    • 月 - 金, 08:30 - 17:00
    • Juli-September 月 - 金, 08:30 - 15:00
わたしの旅行プランに追加する

Balthasar

Praterstraße 38, 1020 Wien
わたしの旅行プランに追加する

Supersense

Praterstraße 70, 1020 Wien
  • 営業時間

    • Bar & Shop 火 - 金, 09:30 - 19:00
    • Bar & Shop 土, 10:00 - 17:00
わたしの旅行プランに追加する

コーヒーファブリック

Favoritenstraße 4-6, 1040 Wien
わたしの旅行プランに追加する

Kaffemik

Zollergasse 5, 1070 Wien
  • 営業時間

    • 月 - 金, 08:00 - 18:00
    • 土, 10:00 - 18:00
    • 祝祭日 - 日, 12:00 - 18:00
わたしの旅行プランに追加する

Wiener Rösthaus

Tigergasse 33, 1080 Wien
わたしの旅行プランに追加する

プラーターのウィーナー・レーストハウス

Prater 80, Straße des 1. Mai, 1020 Wien
わたしの旅行プランに追加する

Jonas Reindl Coffee

Währingerstraße 2-4, 1090 Wien
わたしの旅行プランに追加する

Den wohl besten Kaffee in der Wiener Innenstadt bekommt man im CaffèCouture im Palais Ferstel. Der preisgekrönte Barista Georg Branny röstet den Kaffee selbst am zweiten Standort von CaffèCouture im 9. Bezirk. Der Kaffee wird je nach Vorliebe der Gäste in unterschiedlichen Maschinen oder auch mit einem Cold-Brew-Verfahren zubereitet.

Auch die Praterstraße im 2. Bezirk ist ein Tipp für Kaffee-Afi-ci-o-na-dos. Hier hat der Tiroler Gastronom Otto Bayer die Kaffeebar Balthasar eröffnet: Das gemütliche Lokal harmoniert perfekt mit dem grandiosen Kaffee, der mit einer kultigen Marzocco-Espresso-maschine zubereitet wird. Das Supersense einige Häuserblocks weiter befindet sich im Dogenhof: Die Fassade des Gebäudes samt Markuslöwe erinnert an Venedig und stimmt bereits optisch auf tollen Kaffee ein.

In der Kaffeefabrik von Tobias Radinger in der Favoriten-straße im 4. Bezirk setzt man auf Kaffee aus eigener Röstung und ein eher nüchternes Ambiente. Die Bohnen werden direkt von den Produzenten bezogen. Ein großartiges Konzept verfolgt man auch bei kaffemik – ein Projekt von ein paar IT-Exper-ten im hippen 7. Bezirk. Jeden Monat gibt es in dem puristischen Lokal Kaffee von wechselnden Gast-Röstereien.

Das Wiener Rösthaus im 8. Bezirk gibt sich optisch anders. Umgeben vom Flair eines Kolonialwarenladens wird hier toller Kaffee angeboten, der sogar direkt im Lokal selbst geröstet wird. Einen zweiten Standort gibt es im Wiener Prater. Im Café Jonas Reindl beim Schottentor wird Kaffee aus der grandiosen Wiener Rösterei Süßmund angeboten. Auch hier legt man viel Wert auf die Zubereitungsmethoden – und auf Design.

Die Kaffeehaus-Vielfalt in Wien kennt keine Grenzen – und bei über 1.000 Cafés und Espresso-Bars braucht man lange, bis man sich bei allen durchgekostet hat

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *