このページのコンテンツはアーカイブ化されており、最新情報でない場合がございます。

Wiener Konzerthaus

コンツェルトハウスの音楽祭

ウィーン芸術週間の一環である国際音楽祭は、コンツェルトハウスを舞台に、早くも36回目を迎えます。2013年はコンツェルトハウス創立100周年を記念して、50以上のコンサートが開催されます。

6週間のウィーン芸術週間開催中登場するのは、音楽の都ウィーンを根拠地とする著名なオーケストラばかりではありません。ベルリン・フィル、ニューヨーク・フィル、フィルハーモニア管弦楽団など、世界トップクラスのオーケストラが演奏します。

もちろん、名高いソリストや人気スターもコンツェルトハウスで演奏します。ソプラノのバルバラ・フリットリ、メゾソプラノのアンネ・ソフィー・フォン・オッター、バイオリンのヒラリー・ハーンとジョシュア・ベル、パーカッションの魔術師マルティン・グルビンガー、ピアノの巨匠マウリツィオ・ポリーニ、オレグ・マイセンベルク、ティル・フェルナー、エマニュエル・アックス、ルドルフ・ブッフビンダー、フェルハン&フェルザン・エンダー姉妹などは、その一部に過ぎません。女優ズニー・メレスは、シェーンベルクの「グレの歌」に語り手として登場します。こうした多くのスターたちによって、この音楽祭は、数多くの音楽祭の中でも、ひときわ光彩を放っています。

指揮者のマルク・ミンコフスキは2回登場します。まず、ウィーン・フィルを初めて指揮し、後に「さまよえるオランダ人」の2つのヴァージョンを1日で紹介します。

コンツェルトハウスでは、100年前の創立以来、この国際音楽祭のように、最高レベルのクラシック音楽を提供しているばかりではありません。イグデスマン&ジョーは音楽とコメディをステージに繰り広げ、俳優のカール・マルコヴィッチと友人たちはウィーン歌謡の夕べを開催、更にジャズやワールド・ミュージックのプログラムも豊富です。

第36回国際音楽祭

2013年5月11日〜6月29日
インフォライン:+43 1 242 00 100

ウィーン・コンツェルトハウス

Lothringerstraße 20, 1030 Wien
  • 料金

  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし (両開き戸   140  cm  広い )
      • スロープ 435  cm  長い
    • 駐車場 メインエントランス
      • 2 身障者用駐車スペースあり
    • エレベーターあり
      • 94 cm 広い と 190 cm 深い , ドア 90 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      All halls accessible via elevator, inner ramp.

      2 elevators from ground floor (door width: 90 cm, cabin depth: 190 and 140 cm, cabin width: 94 cm).

      Wheelchair seats: 18 in the Grand Hall, 6 in the Mozart Hall, 3 in the Schubert Hall and 4 in the Berio Hall. Seeing-eye dogs permitted (by prior arrangement).

       

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.