このページのコンテンツはアーカイブ化されており、最新情報でない場合がございます。

楽友協会
© WienTourismus / Dagmar Landova

ウィーンの新たな音楽祭

36日間の会期中に7万枚のチケットが発売され、国際的トップレベルの12のオーケストラが、最高の指揮者、ソリストとともに演奏します。ウィーンの新たな音楽祭「Musikverein Festival Wien」のプログラムには、楽友協会の世界的名声が反映されています。ピアニストとしてはマルタ・アルゲリッチ、ダニエル・バレンボイム、マウリツィオ・ポリーニ、エレーヌ・グリモー、バイオリニストのジュリアン・ラクリン、声楽家としてはエリーザベト・クルマン、ディアナ・ダムロー、イアン・ボストリッジ、ミヒャエル・シャーデが登場します。楽友協会を本拠地とするウィーン・フィルのコンサートでは、ズービン・メータ、マリス・ヤンソンス、アンドリス・ネルソンスが指揮します。フランツ・ウェルザー=メストが指揮するクリーヴランド管弦楽団が、同オーケストラのプロメテウス・プロジェクトの一環として、ベートーヴェンの全交響曲を演奏します。

レナード・バーンスタイン生誕100周年の記念コンサートも開催されます。ズービン・メータがウィーン・フィルを指揮、ヤニック・ネゼ・セガン率いるフィラデルフィア管弦楽団、ウィーン交響楽団とコルネリウス・マイスターが演奏します。

かつてウィーンを訪れて賞賛され、楽友協会大ホールで自らも指揮したクロード・ドビュッシーには、没後100周年のプログラムがあります。ダニエル・バレンボイムは3つの記念コンサートで、シュターツカペレ・ベルリンを指揮します。ベルリンからはベルリン・フィルも登場。サイモン・ラトルは、2002年の楽友協会におけるコンサートで、クラウディオ・アバドの後任としてバルリン・フィル常任指揮者となりましたが、今回の楽友協会の記念コンサートとともに、ベルリン・フィル常任指揮者を退任します。

Musikverein Festival Wien 2018
ウィーン楽友協会音楽祭

2018年5月6日〜6月10日
www.musikverein.at/musikverein-festival-2018

ウィーン楽友協会

Musikvereinsplatz 1, 1010 Wien
  • 営業時間

    • 月 - 金, 09:00 - 20:00
    • 土, 09:00 - 13:00
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
      • スロープ   164  cm  広い
    • エレベーターあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Ring the bell by the entrance to the concert box office (Bösendorferstr. 12); the box office staff will come to assist with ticket purchases at the door.
      Wheelchair-accessible elevator: to all floors. Brahms Hall: 6 wheelchair seats. Grand Hall: 2 wheelchair seats in orchestra, about 16 in balcony. Glass Hall/Magna Auditorium: 4 wheelchair seats.

わたしの旅行プランに追加する

 

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *