このページのコンテンツはアーカイブ化されており、最新情報でない場合がございます。

アンナ・ネトレプコ
© Vladimir Shirokov

ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート

シェーンブルン庭園を舞台とするオープンエアのサマーナイト・コンサートでは、ウィーン・フィルが最高の演奏を披露します。しかも、2004年以来毎年開催されるコンサートは入場無料。毎年10万人の聴衆が集まり、世界各国にテレビ中継されるコンサートは、名高いオーケストラから音楽ファンへの贈り物なのです。

出演:ネトレプコ、ゲルギエフ

例年の通り、今回も指揮者およびソリストとして特別ゲストが登場します。2018年のサマーナイト・コンサートでは、ロシアの指揮者ヴァレリー・ゲルギエフがタクトを振ります。ソリストとしてはオペラ界最高のスターであるアンナ・ネトレプコが、ジャコモ・プッチーニ、フランチェスコ・チレア、ルッジェーロ・レオンカヴァッロなどのアリアを歌います。

今回のプログラムのモットーは「イタリアの一夜」で、イタリアとロシアの作曲家による名高いオペラとバレエのハイライトが紹介されます。

プログラム「イタリアの一夜」

  • ジョアッキーノ・ロッシーニ:オペラ「ウィリアム・テル」序曲とフィナーレ
  • ジュゼッペ・ヴェルディ:オペラ「運命の力」序曲
  • ジャコモ・プッチーニ:オペラ「トスカ」からアリア「歌に生き、愛に生き」
  • ピエトロ・マスカーニ:オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲
  • ジュゼッペ・ヴェルディ:オペラ「アイーダ」凱旋行進曲
  • ジュゼッペ・ヴェルディ:オペラ「アイーダ」のバレエ音楽
  • ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」からナポリの踊り
  • セルゲイ・プロコフィエフ:「ロミオとジュリエット」第2組曲、作品64bから「モンタギューとキャプレット」
  • フランチェスコ・チレア:オペラ「アドリアーナ・ルクヴルール」からアリア「私は創造の神の卑しい僕」
  • ジャコモ・プッチーニ:オペラ「マノン・レスコー」間奏曲
  • ルッジェーロ・レオンカヴァッロ:オペラ「パリアッチ」から「鳥の歌」

ORFによる生中継

ORFオーストリア国営テレビは以下の予定でサマーナイト・コンサートを生中継および録画放映します。

  • 2018年5月31日(木)21時05分より, ORF 2
  • 2018年6月3日(日)18時40分より, ORF III

加えてコンサートは、ライブストリームとして放送後7日間、ORF-TVthekのビデオ・オン・デマンドでご覧いただけます。

ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート2018

2018年5月31日、開演20時30分
雨天の場合の代替日:2018年6月1日
会場:シェーンブルン宮殿庭園。宮殿とネプチューンの泉の間の特設ステージ。会場へはヒーツィンガー門(Hietzinger Tor)またはマイドリンガー門(Meidlinger Tor)をご利用ください。宮殿正面の門はご利用いただけません。来訪者数が規定数を超えた場合、予定時刻より早く入場制限が行われますのでご注意ください。
当日正午よりスナック、ドリンク販売スタンド営業。
コンサートは入場無料、予約はできません。
詳細情報、お天気ホットライン、会場案内図: www.sommernachtskonzert.at

ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート2016パノラマビュー360°

シェーンブルン宮殿庭園 入口Hietzinger Tor(ヒーツィング門)

Maxingstraße, 1130 Wien
  • バリアフリー

    • その他
      • 盲導犬同伴可
    • 障害者向け特別サービス

      Sightseeing-train through the palace park with hydraulic auto-lift for wheelchairs. Daily between 10 am and 6 pm from mid March until the end of October. Reduced price for wheelchair-users.

    • 注記

      Daily until dusk, some sights only accessible through gentle climbs and over gravel paths.

わたしの旅行プランに追加する

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *