このページのコンテンツはアーカイブ化されており、最新情報でない場合がございます。

ウィーン・フィルのサマーナイトコンサート、シェーンブルン宮殿

ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート

サマーナイト・コンサートはシェーンブルン庭園を舞台とするオープンエア・イベントで、ウィーン・フィルが世界最高レベルの演奏を披露します。2004年から毎年開催されているこのイベントは、もちろん入場無料です。世界的オーケストラは、このコンサートによって、10万人に上る聴衆、世界各国でテレビ中継を見る音楽ファンに、特別の贈り物を捧げ続けています。

ビシュコフとラベック姉妹

今年度のサマーナイト・コンサートでタクトを振るのは、サンクトペテルブルク出身のセミヨン・ビシュコフです。彼はグランドラピッズ交響楽団、バッファフロー・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、ケルンWDR交響楽団などを指揮、ザクセン州立歌劇場主席指揮者も務めています。

セミヨン・ビシュコフの夫人はフランス人のマリエル・ラベックです。彼女は姉のカーチャとともに名高いピアノ・デュオとして活躍しています。2人は今年度のサマーナイト・コンサートに出演、ウィーン・フィルと共演します。

フランス作品によるプログラム

  • ジョルジュ・ビゼー:アルルの女第2組曲からファランドール
  • エクトル・ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」Op.24からラコーツィ行進曲
  • フランシス・プーランク:2台のピアノと管弦楽のための協奏曲ニ短調、FP61
  • モーリス・ラヴェル:ダフニスとクローエ第2組曲
  • モーリス・ラヴェル:ボレロ、オーケストラのためのバレエ音楽

ウィーン・フィルのサマーナイト・コンサート2016

2016年5月26日, 開演20時30分

雨天の場合の代替日は2016年5月27日。
イベント当日には天候ホットライン(Tel. 0800 0800 99)が設けられ、コンサートが開催されるかどうかをお知らせします。
会場:シェーンブルン宮殿庭園、宮殿とネプチューンの泉の間。
舞台の後方、グロリエッテの前のエリアは音響設備がありません。
入場無料、予約はできません。

www.sommernachtskonzert.at

シェーンブルン宮殿庭園 入口Hietzinger Tor(ヒーツィング門)

Maxingstraße, 1130 Wien
  • バリアフリー

    • その他
      • 盲導犬同伴可
    • 障害者向け特別サービス

      Sightseeing-train through the palace park with hydraulic auto-lift for wheelchairs. Daily between 10 am and 6 pm from mid March until the end of October. Reduced price for wheelchair-users.

    • 注記

      Daily until dusk, some sights only accessible through gentle climbs and over gravel paths.

2016年4月30日から7月1日まで、地下鉄U4「Hütteldorf」と「Hietzing」の区間が運休、また2016年7月2 日〜9月4日には運休区間が「Schönbrunn」まで延長されます。この期間中、U4路線に沿って代行バスが運行します。なお 「Hütteldorf」駅からは、地下鉄U3、U6と接続する路面電車49番、52番、58番やSバーン、国鉄郊外電車などがご利用いただけます。 英語によるインフォメーション

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.