ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団とフォルクスオーパー

フォルクスオーパー交響楽団

様々な歌手と共演し、多彩で幅広いプログラムの要請に応えて、フォルクスオーパーのオーケストラは、極めて豊かな音響を誇る交響楽団へと発展しました。 これは、バロック作品から現代音楽の最新作に至る、同オーケストラの包括的なレパートリーにも証明されています。 ヨーゼフ・ハイドンの「天地創造」、ヨハンネス・ブラームスの「ドイツ・レクイエム」、ウィーン芸術週間における現代作品のコンサートなどが、最近のハイライトとなっています。

バロックから21世紀に至るオペラ作品、オペレッタ、ミュージカルなどシーズンにおけるプログラムの中でも、同オーケストラの重点はウィーン独自のオペレッタです。もうひとつの重点はオーケストラ作品で、シュトラウス一家、フランツ・レハール、フランツ・フォン・スッペなどの曲目が中心です。

各国をめぐる演奏旅行によって、フォルクスオーパー・シンフォニー・オーケストラは世界的に知られるようになりました。とりわけアジア諸国では、数多くのコンサートを行い高く評価されています。 既に1998年、同オーケストラは日本で100回目のコンサートを開催、さらに今後も東京のサントリーホールで、伝統的なニューイヤーコンサートに出演します。

ヨハン・シュトラウスの名曲をお聴きください。

演奏 フォルクスオーパー・シンフォニー・オーケストラ

これらのシュトラウスの名曲は CD "Music of Johann Strauss" ( Vol. 1) および "Music of Strauss, Lehar & Kálman" (Vol .2)

ヨーゼフ・ヘルメスベルガー「悪魔の踊り」
Teufelstanz

フォルクスオーパー・シンフォニー・オーケストラ

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.