オペラ座舞踏会バックステージ

蝶ネクタイを結ぶ

オペラ座舞踏会では厳格な服装規定があります。男性は 燕尾服に白い蝶ネクタイが義務付けられ、それ以外の服装では 会場に入れません。腕時計は不可で、懐中時計が必要です。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
オペラ座舞踏会クロークの鏡の前で

女性の場合、準備にはさらに時間がかかります。オペラ座舞踏会の服装規定で、女性はロング丈のイブニングドレスが義務付けられています。髪が長い場合には祝祭に相応しい髪型に結い上げなければなりません。もちろんパーフェクトなメーキャップも不可欠です。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
ウィーン・オペラ座舞踏会のカップル

美しく飾られたオペラ座。赤い絨毯を敷かれた中央階段は、ショーのステージそのものです。ここを通る 国内外の著名人やスターは、待ち構えるカメラマンのフラッシュを浴びます。話題の中心はドレスの数々です。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
オペラ座舞踏会ロージェ席で乾杯

ロージェ席が獲得できれば幸運です。オペラ座舞踏会の華やかなオープニングや踊る人々の様子を、ゆっくりシャンペンを飲みながら眺められます。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
オペラ座舞踏会で踊るカップル

「アレス・ワルツァー!」の声とともに、ダンスフロアは訪れた人々に開放されます。ワルツが踊れることは、オペラ座舞踏会の必須条件です。 深夜には訪れた人々によるカドリーユが踊られます。そのステップは事前に説明されますが、しばしば愉快な混乱で終わります。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
ウィーン・オペラ座舞踏会のカップル

踊りの合間にはオペラ座の中を歩いてみましょう。舞踏会当日には地下室から屋上まで 一般公開されています。数多くのバー、ラウンジ、ビュッフェ、シャンペンバーやオイスターバー、 ホイリゲ、カジノなどがオープンしています。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
オペラ座舞踏会で踊るカップル

オペラ座舞踏会では、あらゆるジャンルのダンス 音楽が提供されます。ディスコには人気の高いDJが 登場。当日は120人の音楽家が演奏します。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
ウィーン・オペラ座舞踏会のカップル

踊ればお腹がすきます。オペラ座 舞踏会にはソーセージスタンドもあり ます。こうしたノーブルな舞踏会でも、 ソーセージは手で持って食べましょう。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
ウィーン・オペラ座舞踏会のカップル

最後のカドリーユが終わると午前4時頃には、再びスロー・フォックストロットとワルツが 踊られます。この頃には誰もが疲れています。

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna
オペラ座舞踏会クロークで靴を脱ぐ

足が痛くなってきた頃には舞踏会も終わりに近づきます。オペラ座舞踏会は公式には午前5

© WienTourismus/Peter Rigaud/Couture: Vivienne Westwood Vienna

文:スザンネ・カペラー

舞踏会シーズン

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *