オペラ座舞踏会で踊る人々

舞踏会シーズン

ウィーンの舞踏会シーズンは1月と2月に最高潮を迎えます。カーニバルの古い伝統がいまも息づいています。ウィンナーワルツの4分の3拍子だけでなく、モダンな音楽、ディスコ音楽も登場します。

ウィーンの舞踏会開催は延べ2000時間、心ゆくまでダンスをお楽しみいただけます。

今年の舞踏会シーズンは市庁舎でのウィーン赤十字舞踏会(2016年11月11日)から始まります。大晦日(シルヴェスター)には、豪華な雰囲気のホーフブルク王宮シルヴェスター舞踏会で、ダンスのステップとともに新年を迎えます。

ホーフブルク王宮は、狩猟協会舞踏会(2017年1月30日)や医師会舞踏会(2017年1月28日)、法曹界舞踏会(2017年2月25日)など伝統豊かな舞踏会の会場になります。洗練された雰囲気で知られるカフェハウスオーナー舞踏会(2016年2月5日)はホーフブルク王宮レドゥーテンホールで開催され、毎年6000人もの参加者で賑わいます。

世界に知られるオペラ座舞踏会(2017年2月23日)はその名の通りウィーン国立オペラ座が舞台となり、著名な歌手や国内外の各界の著名人が集います。多くの観客を眺めるだけでなく、音楽界のスターたちと肩を触れ合いながらワルツのステップを踏みましょう。

ウィーン楽友協会で開催されるウィーンフィル舞踏会(2017年1月19日)では、世界に知られるウィーンフィルのオーケストラが演奏するのは開幕式だけ。この夜、ウィーンフィルの演奏家たちは楽器を忘れて踊りとおしゃべりを楽しむのです。

ウィーンでいちばん甘い舞踏会、菓子製造組合のボンボン舞踏会(2017年2月24日)はリラックスした楽しい雰囲気で知られています。かつてシュトラウス兄弟がセンセーショナルなコンサートを催したクアサロンでは、流麗なワルツのメロディーが流れるヨハン・シュトラウス舞踏会が開催されます(2017年2月18日)。

ウィーン少年合唱団舞踏会(2017年1月27日)ではワルツだけでなく、今回のゲスト国ブラジルにふさわしいサンバやボサノバのメロディーも流れます。舞踏会のオープニングを飾るのはもちろんウィーン少年合唱団です。

市庁舎では百花繚乱の花の舞踏会(2017年1月13日)や学術界舞踏会(2017年1月28日)が開催され、ウィーンや国際的な学術研究者や大学関係者たちが集います。

ウィーンの代表的な舞踏会リスト

オペラ座舞踏会で踊る人々

オペラ座舞踏会

楽友協会でのウィーン・フィル舞踏会開幕セレモニー

ウィーンフィル舞踏会

舞踏会用ドレスの女性
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.