アン・デァ・ウィーン劇場エントランス

アン・デァ・ウィーン劇場

2017/18年のオペラ・シーズンは、9月、モーツァルトの「魔笛」がオープニングを飾ります。指揮ルネ・ヤーコプス、演出トルステン・フィッシャー:10月にはアルバン・ベルク「ヴォツェック」、主演フローリアン・ベッシュ。12月にはリヒャルト・ワーグナー「ニーベルングの指環」新演出、3日間にわたって公演されます。
ガエターノ・ドニゼッティのベルカントオペラの名作「マリア・ストゥアルダ」は1月に6回公演、演出クリストフ・ロイ、タイトルロールは世界中の舞台で活躍中のマーリス・ペーターゼン。

バロックオペラとモダンなオペラ劇場

2月にはゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルのオラトリオ、イスラエル王国の最初の王サムエルとその後継者ダヴィデの物語「サウル」が登場します。指揮はヘンデルの専門家として知られるローレンス・カミングス、演出クラウス・グート。

オーストリアを代表する作曲家ゴットフリート・フォン・アイネムの生誕100周年を記念して、2018年3月、アン・デァ・ウィーン劇場の舞台に「老婦人の訪問」(原作フリードリッヒ・デュレンマット)が登場します。

ベンジャミン・ブリテンによる1960年発表のオペラ「夏の夜の夢」(ウィリアム・シェイクスピア作の喜劇)は4月にプレミエ公演。5月7日・8日、ジョン・ノイマイヤーのバレエ「かもめ」をハンブルク・バレエ団が客演。

ヘンデル、モーツァルト、ベートーヴェンなどのオペラ10作品はコンサート形式で上演され、アンネッテ・ダッシュやパトリシア・プティボン、ミヒャエル・シャーデなどオペラ界のスターが出演します。アン・デァ・ウィーン劇場のユンゲアンサンブルは同劇場の2つ目の舞台であるカンマーオーパーにも登場します。

アンネッテ・ダッシュ

アンネッテ・ダッシュ

アン・デァ・ウィーン劇場エントランス

アン・デァ・ウィーン劇場エントランス

アン・デア・ウィーン劇場
アン・デァ・ウィーン劇場、向かいはナッシュマルクト

アン・デァ・ウィーン劇場、向かいはナッシュマルクト

罪ある母、アン・デァ・ウィーン劇場2015年、アンゲリカ・キルヒシュラーガー、アリス・アルギリス

「罪ある母」、アン・デァ・ウィーン劇場2015年、アンゲリカ・キルヒシュラーガー、アリス・アルギリス。

「アグリッピナ」パトリシア・バードン-アン・デァ・ウィーン劇場2016年

「アグリッピナ」パトリシア・バードン-アン・デァ・ウィーン劇場2016年

アン・デァ・ウィーン劇場

Linke Wienzeile 6, 1060 Wien
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
    • 駐車場 メインエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • 2 車椅子用スペースあり (stalls)
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
わたしの旅行プランに追加する

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *