Zwei Feigen auf einem Ast hängend

ウィーン生まれのデリカテッセン

ウィーン南部の巨大なグラスハウスでは200本のイチジクの木が育っています。11区にあるバイオファーム・ファイゲンホーフで は、夏から11月までが収穫期。果実は丁寧に手で収穫され、新鮮なまま、あるいはイチジク・マーマレードやイチジク・リキュールに加工され、土曜日にだけ 販売されます。また野菜、ベリー類、200種類の様々なハーブもファイゲンホーフの商品です。ご希望の方にはガイドツアーも実施しています。

同様にウィーン23区では、古いものや珍しいものなど様々な バラが栽培され、香り豊かなデリカテッセンに加工されています。1区のロマンチックなシェーンラテルンガッセにあるウィーン・ローズ・マニュファクチャーの店舗では、ゼリー、シロップ、ジャム、リキュール、化粧品などが販売されています試食ご希望の方は事前にご予約ください。

ゲーゲンバウアー・ビネガー製造工場の 製品は、著名コックから高く評価されているばかりではありません。「ビネガーの法王」と呼ばれるエルヴィン・ゲーゲンバウアー氏はウィーン10区で、最高 品質の果実酢、ワイン酢、バルサミコ酢、ビネガードリンクの数々を生産しています。すべて純粋な自然食品で、加熱殺菌もフィルター加工も行われていませ ん。ウィーン伝統のゲーゲンバウアー製品は、ウィーン・ナッシュマルクトの直売店で試飲、ご購入いただけます。

10区はウィーン特産エスカルゴの故郷です。アンドレアス・ググムックはウィーン伝統の名品を再発見し、400年の歴史を誇る農場で、ぶどう園エスカルゴを「放牧」しています。加えて「エスカルゴ・レバー」や「エスカルゴ・キャビア」も生産され、いずれも市内の高級レストランのメニューを飾っています。また、エスカルゴ・マニュファクチャーのショップでも、数々の名品がご購入いただけます。毎年5月から10月まで、エスカルゴ農場ガイドツアーと製造所内レストランでの試食会を実施。アンドレアス・ググムックがウィーン・エスカルゴの歴史や栽培法、料理法などについて詳しくお話いたします。毎月3回(金曜日)ビストロでシェフが数コースのエスカルゴ料理を披露し、ウィーンの著名ワイナリー・ヴィーニンガーの高級ワインが彩りを添えます。

ウィーン市内の農地の大半は、市街の南、北、東部の郊外区にあります。これらの地域では広い土地が確保できるからです。例外はウィーンのミツバチで、中心街にも住んでいます。巣箱が置かれているのはオペラ座屋上のほか、ホテル・ダニエル・ウィーンなど多くのホテル屋上です。これらのホテルでは、屋上のミツバチが集めた蜂蜜が朝食に供されるほか、ホテル内ショップで販売されています。

ミツバチにとってウィーンは極めて快適な環境です。数多くの芝地、公園、庭園、街路樹、バルコンや屋上庭園に、四季折々の花々が次々と咲き、2億匹に上るウィーンのミツバチに、年間を通して十分な食料を提供しています。加えて市街地は農村部より暖かく、ミツバチにも有害な農薬もほとんど使われません。 ウィーン市内では5000に上るミツバチのコロニーを、600人の養蜂家が世話しています。

ウィーンの農家は、毎年多種多様な地産品を提供しています。日照時間が多いこと、近くにあるノイジードラー湖が大規模な熱保存装置として働くことが、大きなプラス効果となっているのです。またウィーンは、100万人以上の人口を有する都市としては世界で唯一、市域内で大量のワインを生産しています。700ヘクタールのブドウ園からの収穫は、毎年平均240万リットルのワインとなります。ブドウの育つところでは、最良の野菜も収穫されます。ほぼ900に上る農業経営が様々な野菜を提供しています。ウィーンの菜園で生産されるキュウリは、オーストリアにおける全生産量の60パーセントに及びます。そのほか、ナス、パセリ、ピーマン、トマトも大量に収穫され、首都に供給されます。

ウィーン・ローズ・マニュファクチャー

Schönlaterngasse 7, 1010 Wien

ゲーゲンバウアー・エシック

Naschmarkt, Stand 111-114 , 1060 Wien

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.