このページのコンテンツはアーカイブ化されており、最新情報でない場合がございます。

市立公園のヨハン・シュトラウス像の前にセットされたテーブル

公園に広がる味覚の世界

希少種マンガリッツァ豚のベーコン、フォアアールベルク州特産の山岳チーズ、シュタイヤマルク州のイワナの燻製、ワインフィアテル地方のバイオ農民パン、ワッハウ渓谷の香り高いサフランなど。100以上のトップレベルの生産者やマニュファクチャーが、2012年5月11日から13日まで、ウィーン市立公園で開催されるグルメ・フェスティバルに参加、伝統的製法で生産されたオーストリア各地の味のスペシャリティーを出品します。味覚を鍛えるグルメ学校では、オーストリアの名産品に対する感度を研ぎ澄まし、最高の名品の数々を楽しみましょう。3日間のグルメ・フェスティバルのハイライトは、コック帽付きスター・コックの登場で、彼らが最高レベルの料理の数々を生み出します。

グルメ・フェスティバルは2012年、すでに5回目を迎えます。前年度には13万人以上の人々が市立公園を訪れました。フェスティバル期間中には、講演や試食などのスペシャル・プログラムもあります。

Genussfestival 2012

グルメ・フェスティバル 2012

2012年5月11日〜13日
www.genuss-festival.at

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.