ツルツェスニフスキーのスナックを楽しむ女性客
© WienTourismus/Peter Rigaud

オープンサンドと一緒に1/8リットルのビール

ウィーン子が街で小腹が空いた時に好んで立ち寄るのがツェスニエフスキー。ウィーンでオープンサンドと言えば、1904年から1区のドロテア・ガッセに本店があるこの老舗です。一日におよそ5,000個のオープンサンドが売られています。成功の秘訣は、黒パンの上に色々な具材がのった23種類のオープンサンドとシンプル。一番人気は「ベーコンとタマゴ」。レシピーの多くは今日までほとんど変えておらず、門外不出です。タマゴを特別な方法で茹でているのかもしれません……

ツェスニエフスキーでは、1〜2種類のオープンサンドを選んで、これにプフィフ(1/8リットル)のビールを飲むのが通の食べ方。他では1/8リットルのビールはほとんど見かけませんが、ここのオープンサンドのサイズにはこの量がぴったりなのです。オープンサンドはすべて手作り、フォークで仕上げることで、ひと目でツェスニエフスキーのオープンサンドだとわかります。「ペーストを塗る達人たち」は皆から一目置かれています。機械を使ってペーストを塗る方法は、ここでは定着しませんでした。そして、この店の名前、正しい発音の仕方はウィーン子も実はよくわかっていないのです。 

文:スザンネ・カペラー

ツルツェスニフスキー

Dorotheergasse 1 , 1010 Wien
わたしの旅行プランに追加する
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *