ウィーン・ヴィーズン祭り風景

ウィーン・ヴィーゼン祭り

ウィーンのシンボルであるプラーターの大観覧車を背景に、2017年秋のウィーン・ヴィーゼン祭りは7回目を迎えます。民俗的で陽気な雰囲気こそ、オーストリア最大のフォーク・フェスティバルの真髄です。3つのフェスティバル・テントでは、様々な音楽プログラムが続きます。アンディ・ボルグ、クラウディア・ユング、ウド・ヴェンダース、ベルンハルト・ブリンク、マルコ・ヴェンターはじめ、パワークライナー、ラウサーとユンゲンパルダウアーほか数多くのバンドが登場、700時間のライブ・コンサートが繰り広げられるのです。地元ビール、ウィーナー・シュニッツェルやブレットルヤウゼなど郷土の名物料理をお楽しみください。

各州の特別プログラム

9日間にわたってオーストリアの各州が、独自の慣習、名物料理や音楽を紹介します。ウィーン・ヴィーゼン祭りは毎日11時30分からスタート、ブラスバンドやオーストリア各地の民俗衣装グループが登場します。ウィーン・ヴィーゼン祭りは18時まで入場無料、さらに月曜と火曜は終日入場無料です。

夜のパーティ

18時30分からウィーン・ヴィーゼン祭りのテントでは、多彩なライブ音楽が演奏されます。水曜〜土曜のコンサートはチケットが必要です。ボニーM(Boney M feat. Liz Mitchell)、ディアンドルロッカー、マイレンシュタイン、ドイツの人気デュオ・ファンタジーほかが雰囲気を盛り上げます。コンサートチケットは、1テーブル予約の場合1人当たり37.82ユーロから、前売り販売。前年度の大成功をうけて、今年も若い世代のための民俗衣装クラビングが催されます(10月1日、チケット12ユーロ)。

9月22日にはゲイ・レズビアンコミュニティのため、バラ色のウィーン・ヴィーゼン祭りが開催されます。 10月7日の午前中にも同様のイベント(フリューショッペン)が行われます。3つのフェスティバル・テントに加えてオープンエア・ヴィーゼン村には5つのアルム小屋とフェスティバル・ステージ設置のオープンエア・ヴィーゼンドルフがあり、深夜1時まで全てのプログラムが入場無料です。

Wiener Wiesn-Fest
ウィーン・ヴィーゼン祭り

2017年9月21日〜10月8日
月曜〜土曜11時30分〜1時, 日曜11時30分〜20時
音楽プログラム詳細
www.wienerwiesnfest.at
チケット:
www.wien-ticket.at

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *