このページのコンテンツはアーカイブ化されており、最新情報でない場合がございます。

ウィーン・ヴィーズン祭り人気メニュー
© Harald Klemm

ウィーン・ヴィーゼン祭り

ウィーンのシンボルであるプラーターの大観覧車を背景に、2019年秋のウィーン・ヴィーゼン祭りは9回目を迎えます。民俗的で陽気な雰囲気こそ、オーストリア最大のフォーク・フェスティバルの真髄です。3つのフェスティバル・テントではそれぞれ異なったジャンルの音楽プログラムが登場、700時間のライブ・コンサートが繰り広げられます。地元ビール、ウィーナー・シュニッツェルやブレットルヤウゼなど、郷土の名物料理をお楽しみください。

各州の特別プログラム&午後のポップミュージック

ウィーン・ヴィーゼン祭りは毎日11時30分からスタート、ブラスバンドやオーストリア各地の民俗衣装グループが登場します。オーストリアの9つの州のそれぞれにスポットを当てられ、州独自の風習・慣習、名物料理、各州からのブラスバンドや民俗音楽アーチスト達が郷土音楽を紹介します。午後は入場無料のコンサートが開催され、アンディ・ボルグ、ウド・ヴェンダース、ロベルト・ブランコ、シュテファン・ムロス、ニノ・デ・アンジェロ、ジャズ・ギティ、マルコ・ピルヒャー、ヴィルデン・カイザー、ディ・エードルセーア、ユンゲンツィラーターラーほか数多くの歌手やバンドが登場。ヴィーゼン祭りのテントは18時まで入場無料です。

夜のパーティ

18時30分からウィーン・ヴィーゼン祭りのテントでは、多彩なライブ音楽が演奏されます。ザ・グランマ、マイレンシュタイン、ディ・ラウザー、スンプフクローテン、ディアンドルロッカー、シュヴァルツトアナー、ノードヴァンドほかが雰囲気を盛り上げます。水曜〜土曜のコンサートはチケットが必要です。チケットは39ユーロから、前売り販売。

昨年初登場のプログラムが今年もヴォイナーズカイザーツェルト(テント)に登場します。ロックミュージックの夕べ(9月30日「ロック・ディ・ヴィーゼン」)、キャバレー(寄席)の夕べ(10月1日)。9月26日にはLGBTコミュニティーのためのバラ色のウィーン・ヴィーゼン祭りが開催されます。ヴィーゼン祭りのゲッサー・テントでは10月2日と9日、DJマックス&ジュニア、マルクス・ベッカー、ティンプ・トゥーペー、アルムクライシ、ロレンツ・ブッフェルが楽しいパーテイーの雰囲気を盛り上げます。

3つのフェスティバル・テントに加えて5つのアルム小屋とフェスティバル・ステージ設置のオープンエア・ヴィーゼンドルフがあり、深夜24時まで全てのプログラムが入場無料です。

Wiener Wiesn-Fest

ウィーン・ヴィーゼン祭り

2019年9月26日〜10月13日
月曜〜土曜11時30分〜24時, 日曜11時30分〜20時
音楽プログラム詳細&チケット:
www.wienerwiesnfest.at

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *