市庁舎

ウィーンのリング通り

「これは私の意思である・・・」というフランツ・ヨーゼフ皇帝の言葉によって、1857年、リング通りの建設が始まりました。貴族や上流市民は、この大規模な環状道路に沿って、豪華な宮殿の数々を建てました。これらの建物は現在も、オリジナルなファサードを保存しています。これらの建物に共通の外観はリンク大通り様式(歴史主義様式のバリエーション)と呼ばれています。これは建築史上の各様式を忠実に再現したもので、ネオゴシック、ネオルネサンスなどと呼ばれます。

もちろん、リング通りを飾る重要な名所の数々は、歴史的な大規模建築の数々です。オペラ座(ネオルネサンス)、国会議事堂、市庁舎(フランドル風ゴシック)、ブルク劇場(ネオバロック)、大学(ネオルネサンス)、応用美術館、証券取引所、ヴォティーフ教会(ネオゴシック)など、すべて19世紀後半に建てられました。とりわけ注目に値するのは美術史博物館と自然史博物館で、いずれもネオルネッサンス様式で建てられています。内部には世界有数のコレクションが展示されているばかりでなく、建物自体が建築史上の傑作に数えられます。

当時の名高い建築家、テオフィール・ハンセン、カール・フライヘル・フォン・ハーゼナウアー、ゴットフリート・ゼンパー、ハインリヒ・フォン・フェルステル、フリードリヒ・フォン・シュミットなどが、リング通り様式による歴史的建築の数々を生み出したのです。これに続く19世紀末にはウィーン・ユーゲントシュティールが登場、それ以前の豪壮な建築とは一線を画する新たな世界を創造しています。

リング通りの誕生

ウィーン・リングトラム

シュタウド・コレクション:リング通り150周年

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.