シュピッテラウ焼却場の前を航くヴィンドボナ号

エネルギーも芸術となるウィーン

シュピッテラウ焼却場は、ウィーンで最も人気の高い被写体に数えられます。1989年の火災後、環境保護に情熱を傾けた画家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーがデザイン、アシンメトリーでカラフルな外観が印象的です。ここには、廃棄物処理機能とエネルギー生産と芸術が、見事に融合されています。焼却場を見学するガイドツアーでは、ウィーンにおける廃棄物処理とリサイクリングのシステム、環境に優しい暖房熱・温水供給システムが紹介されます。


ご存知でしたか? ウィーンは2010年、「持続可能な廃棄物処理を実施する都市」として世界第1位に選ばれています。

ドナウの水流によるフロイデナウ水力発電所では、水力が如何なるプロセスで電気エネルギーとなるかを知ることができます。この水力発電所は最先端技術を駆使し、ウィーンにおける電力需要の半分を満たしています。毎年1万隻の船舶が、発電所の閘門を通過します。その際、船が閘室に入ると、水門の操作によって水位が10メートル調整されます。DDSG遊覧船によるドナウ運河クルーズツアーでは、閘門通過を実際に体験することができます。このツアーには、画家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサーのデザインで改装されたMSヴィンドボナ号も就航しています。

DDSG ブルーダニューブ船会社 (DDSG Blue Danube) 遊覧船発着センター

Handelskai 265, 1020 Wien
  • 料金

  • 営業時間

    • January - February 月 - 金, 09:00 - 17:00
    • March 月 - 木, 09:00 - 18:00
    • April - October 月 - 金, 09:00 - 18:00
    • 土, 10:00 - 17:00
    • 祝祭日, 10:00 - 17:00
    • November - December 月 - 金, 09:00 - 18:00
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.