21世紀館外観

21世紀館

ユニークで印象的な建物は、スター建築家カール・シュヴァンツァーが1958年ベルギーで開催された世界博覧会のオーストリア・パビリオンのために設計、その後1962年にウィーンにおける20世紀芸術博物館としてオープンしました。このたびベルヴェデーレに属する21世紀館として1945年から現代までのオーストリアにおける芸術の殿堂として開館します。さまざまなテーマの特別展覧会に加えて、オーストリアを代表する彫刻家フリッツ・ヴォトルバの作品展示や国立博物館のアートテーク、映画館、彫刻庭園(アドルフ・クリシャニッツ、ヘルマン・チェッヒ設計)のテラス付きカフェ・レストランがあります。

シュヴァンツァーが設計した建物は、改革的で未来を志向するユニークな設計により1958年に建築大賞を受賞しています。2011年のリニューアルオープンのために建築家アドルフ・クリシャニッツが改増築を行ないました。階下を大幅改築し、コンセプトメッセージを鮮やかに発信する6階フロアーからなるタワーを増築しました。

トゥエンティワン

博物館ご見学後のご休憩にレストラン・トゥエンティワンをご利用ください。ここには「21」の世界が広がっています。クロスオーバーメニュー21種のアラカルト、21種類のコーヒー、21種類の白&赤ワイン、21種類のジン。夏期には快適なテラスがお薦めです。

21er Haus

Arsenalstraße 1, 1030 Wien
  • 料金

  • 営業時間

    • 水, 11:00 - 21:00
    • 木 - 日, 11:00 - 18:00
    • Public Holidays (including Monday and Tuesday) 11 am-6 pm
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし (両開き戸   140  cm  広い )
    • 駐車場 メインエントランス
      • 1 身障者用駐車スペースあり
    • エレベーターあり
      • 100 cm 広い と 250 cm 深い , ドア 90 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • 2 車椅子用スペースあり (spaces in the Blickle cinema by the entrance on the right)
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Tactile tours on the architecture of 21er Haus and the sculptures of Fritz Wotrub for blind and visually impaired people.

トゥエンティワン

Arsenalstraße 1, 1030 Wien

 

21世紀館内部
Blick ins Kino
レストラン

トゥエンティワン

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.