オルファ・ニコライのナチス犠牲者追悼碑、バルハウスプラッツ

パブリックアート

ウィーンの数多くのパブリックスペースには、オーストリアや外国のアーチストの作品が展示されています。代表的なものは、エルンスト・カラメーレ、トニー・クラッグ、フリッツ・ヴォトルーバ、アルフレード・フルドリチカ、フランツ・ヴェスト、レイチェル・ホワイトレッド、ヘンリー・ムーアの芸術作品です。

パブリックスペースの芸術作品は、一時的あるいは恒久的に、ウィーン市民や旅行者にアートに触れる機会を提供し、同時に空間の魅力を高める役割を担います。街角にアートが息づくウィーン散策をお楽しみくださいあ。

ギュルテル環状道路内の区域にある主なパブリックアート

  • エルンスト・カラメーレ:カールスプラッツのアートパッサージュ、2013(4区、地下鉄カールスプラッツ駅、メインパッサージュ)
  • レイチェル・ホワイトレッド:オーストリアのユダヤ人ホロコースト犠牲者追悼碑、2000年(1区、ユダヤ広場)
  • トニー・クラッグ:彫刻 フェリマン、1997(1区、Georg-Coch-Platz広場、貯金会館前)
  • オラファー・エリアソン:ライトインスタレーション イエローフォグ、2008(1区、アムホーフ広場)
  • フィリップ・ジョンソン:彫刻 ウィーン・トリオ、1996(1区、Franz-Josefs-Kai/Schottenring)
  • フリッツ・ヴォトルーバ:巨大な立像、1962(8区、Friedrich-Schmidt-Platz 6)
  • アルフレード・フルドリチカ:戦争とファッシズム犠牲者追悼碑、1988(1区、Dr.-Helmut-Zilk-Platz)
  • フランツ・ヴェスト:ゲルングロスポール、2007(6区、Rahlgasse)
  • ケン・ラム:メディアインスタレーション Pi、2006(1区、カールスプラッツ/西パッサージュ)
  • ヘンリー・ムーア:彫刻 ヒルアーチ/カールス教会前の池、1978年設置(4区、Karlsplatz)
  • ペーター・コグラー:地下鉄カールスプラッツ駅のインスタレーション(U1/U2連絡通路)
  • ローランド・コドリッチュ:Reason to Belie ve、2009(6区、Getreidemarkt 17/ Mariahilfer Straße)
  • オルファ・ニコライ:ナチス犠牲者追悼碑、2014(1区、Ballhausplatz)
  • ローレンス・ウェイナー:Smashed to pieces (in the still of the night)、1991(6区、Esterházypark/Flakturm、海洋館)

詳細情報:www.koer.or.at

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.