オーストリアのレディースファッション
© Maximilian Attila Bartsch

オーストリア・ファッションのショーウィンドウ

パリやミラノと違い、ウィーンはファッションを連想する都市ではありません。しかし、ウィーンの傑出したデザイナーは、世界的にも高く評価されています。オーストリア出身、あるいはオーストリアで研鑽を積み、ここで活動するデザイナーに焦点を当てたのが、MAK応用美術博物館の展覧会です。

展覧会「ショー・オフ:オーストリアのファッション・デザイン」は、1970年代末、ルディ・ガーンライヒ晩年のクリエーションから始まります。彼は1938年にナチスから逃れてアメリカに移住、20世紀で最も影響力のあるデザイナーのひとりとなりました。彼のビジョンは時代を遥かに先行し、デザインは大胆かつ独創的なものでした。彼は、とりわけユニセックスやモノキニ(トップレスの水着)の考案者として知られています。

オーストリアのレディースファッション

シェラ・カン、レザーアウトフィット、FW1992年

© Rudi Molacek
オーストリアのレディースファッション

スザンネ・ビソフスキー、viennesechiccaoutchouc no. 2、2014年8月

© Wolfgang Pohn

世界のファッション界に輝く星

1980年代ウィーンのファッション界では新時代が幕を開けました。U-Modeという名称でアヴァンギャルド・ファッションの見本市が始まりました。会場は最先端を行くディスコU4でした。ファッション界のパイオニアとして世界的に知られるヘルムート・ラングは、既に当時、審査員を務めていました。デザイナー・コンビのシェラ・カンは、今もウィーン・ファッション界のスターとして輝いています。

ウェンディ・ジムは、1990年代からウィーン・ファッションの表看板とも言うべきレーベルです。スザンネ・ビソフスキーのデザインには、時空を超越したウィーンのエレガンスが凝集されています。チロル出身のアンドレアス・クロンターラーはロンドンに進出、独自のライン「アンドレアス・クロンターラー・フォー・ヴィヴィアン・ウエストウッド」をスタートしました。マリーナ・ヘルマンセーダーはベルリンから、コルセットとレザー素材を強調するデザインで注目を集めています。ウィーン出身のアルトゥール・アルベッサーはミラノを拠点とし、国際的ファッション界の寵児となっています。ウィーンが生み出した新たなシューティングスターはケネス・イゼです。

ゴージャスなシューズ

カロリン・ホルツフーバー、SYNCHRONICITY_SYNC 2、シンクロニシティFW2019/20年

© Warren Du Preez and Nick Thornton Jones
オーストリアのレディースファッション

マリア・ヘルマンセーダー、バブル・ヴェース1、FW2017/18年

© Maximilian Attila Bartsch

50人に上るファッションデザイナーがユニークな代表作の数々を展示。更にエルフィー・セマトンからアンドレアス・H・ビテスニクまで30人の写真家が、オーストリアにおけるファッション写真の最先端を紹介します。展覧会と並行して数々のイベントも開催されます。

SHOW OFF. Austrian Fashion Design

ショー・オフ:オーストリアのファッション・デザイン

2020年2月14日〜8月30日

オーストリア応用美術・現代美術館MAK

Stubenring 5 , 1010 Wien
  • Vienna City Card

  • 料金

    • 19才未満の青少年   €0
  • 営業時間

    • 火, 10:00 - 21:00
    • 水, 10:00 - 18:00
    • 木, 10:00 - 18:00
    • 金, 10:00 - 18:00
    • 土, 10:00 - 18:00
    • 日, 10:00 - 18:00
  • バリアフリー

    • サブエントランス
      • 段差なし
    • エレベーターあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Elevator to the exhibition rooms.

わたしの旅行プランに追加する

展覧会はオンラインでもご覧いただけます。こちら:https://show-off.net

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *