ウィーン建築センター

現代建築展「a_schau 」

「a_schau第三ステップ」のオープンとともに、ウィーン建築センターでは20世紀後半から今日に至るオーストリア現代建築の歴史が紹介されます。2004年の第一ステップでは、現代建築黎明期のパイオニアとも言うべき代表的建築家が中心テーマとなり、2004年9月以降の第二ステップでは、1918年から1955年まで2つの大戦を含む波乱の時期が紹介されました。最終段階の第三ステップではいよいよ、20世紀後半の都市計画や建築プロジェクトが焦点となります。

ここでは、第二次大戦後の重要テーマや建築とともに、60年代のユートピア的ビジョンも紹介されます。新たなエポックを目指す戦後復興期の意欲的ビジョンを土壌として、1970年代、1980年代には、様々な潮流が発展、しかも各州ごとに個性的なスタイルが形成されるようになりました。こうした多彩な発展が歴史的に分析され、現在の到達点が検証されます。

a_schau
1958年から現代まで

ウィーン建築センター (Az W – Architekturzentrum Wien)

MuseumsQuartier, Museumsplatz 1 , 1070 Wien
  • 料金

  • 営業時間

    • 無休, 10:00 - 19:00
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし (引き戸式自動ドア   88  cm  広い )
    • サブエントランス
      • 段差なし
    • 駐車場 メインエントランス
      • 3 身障者用駐車スペースあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      The Architecture Center also offers special architecture tours for the blind and visually impaired. Tours for visitors with special needs on request.

    • 注記

      Exhibition rooms, restaurant/café: no steps.

ガラス張りのウニカビル
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.