皇帝席垂れ幕
© Haus der Geschichte Österreich, 2018

オーストリア歴史館

1918年11月12日に第一共和国が成立してから100周年を迎え、オーストリア歴史館がヘルデン広場の新王宮内に開館します。総展示面積1800㎡にハプスブルク王朝末期から第一共和国、ナチスによるドイツへの併合、第二共和国樹立から現代に至るオーストリアの近現代史を紹介します。

閣僚席と皇帝席垂れ幕

開館を記念する展覧会「不安への旅立ち‐1918年以降のオーストリア」は、7つの重点テーマを通して波乱に満ちた100年の歴史を辿るものです。共和国の黎明期1918年から1921年、ナチス独裁下の恐怖政治、オーストリアという国家意識の形成と変遷、第二次大戦後の著しい経済復興などに焦点が当てられます。これらのテーマは最新技術によって明快に展示されます。展示品のハイライトには、大会議場の閣僚席、2017年に国会議事堂内で発見された「皇帝席垂れ幕」などが含まれます。建築家テオフィル・ハンセンが設計した歴史的建築には、フランツ・ヨーゼフ皇帝臨席のためのロジェがあり、その位置を示すのが皇帝席垂れ幕でした。

オーストリア歴史館はディスカッションの場であり、そのヨーロッパにおける位置付けや国際的関連の中での相反する見解が論議されます。この博物館は過去を振り返るだけでなく、何よりも近現代史の分析を通して、オーストリアの現在を見据え、未来を展望するものです。

Haus der Geschichte Österreich

Hofburg, Heldenplatz, 1010 Wien
  • 営業時間

    • 火 - 日, 10:00 - 18:00
    • 木, 10:00 - 21:00
    • Eröffnung: 10.11.2018
わたしの旅行プランに追加する

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *