アステカ時代メキシコの羽根製頭飾り

世界博物館ウィーン

ウィーン世界博物館は世界で最も重要な民族学博物館に数えられます。ここには20万以上の民族学的オブジェクト、7 5000点の歴史的写真、主にヨーロッパ以外の国々の歴史・文化・芸術・日常生活に関する14 4000点の印刷物が所蔵されています。所蔵品の中には、世界一周を成し遂げたイギリス人探検家ジェームズ・クック(1728〜1779)のコレクションの一部、世界的に名高いメキシコの羽根製頭飾り(ペナチョ)も含まれています。多くの展示品は、歴代のハプスブルク大公が行った数々の大旅行からもたらされたものです。世界博物館はその豊富な展示品によって全人類の文化的多様性を紹介するとともに、オーストリアと世界の多様な歴史的結び付きをも実証しています。

14の展示ホール

博物館の中心は、現代的なコンセプトによりモダンに展示された常設展です。3127点に上る展示品、数々の写真と説明プレートによって、オーストリアと世界の間の、多くの驚くべき結び付きが紹介されています。展示ホールには以下のテーマ領域があります。

  • 植民地主義の陰で
  • ベニンとエチオピア:美術、権力、抵抗運動
  • ウィーンの文化闘争
  • ブラジルからオーストリアが織り出したモザイク
  • 1873年:日本のヨーロッパ進出
  • コレクター・フィーバー:「私は収集熱患者だ!」(帝位継承者フランツ・フェルディナント大公のオリジナル音声)
  • 南洋:失われたパラダイスとの遭遇
  • ドアの前から始まるオリエント
  • メソアメリカの物語(羽根製の頭飾り「ペナチョ」)
  • 山村の生活と文化(ヒマラヤ地方の仏教徒の村)
  • インドネシアの魅惑
  • 変容する世界
  • 北米大陸の多様な新世界
  • 新たな認識:中国への視線

これら14ホールの常設展に加え、多彩なテーマによる特別展も開催されます。

世界博物館ウィーン

Hofburg, Heldenplatz, 1010 Wien
  • 料金

  • 営業時間

    • 木 - 火, 10:00 - 18:00
    • 金, 10:00 - 21:00
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし ( ドア  130  cm  広い )
      • スロープ 760  cm  長い ,   300  cm  広い ,  40  cm  高い
    • 駐車場 メインエントランス
      • 5 身障者用駐車スペースあり
    • エレベーターあり
      • 140 cm 広い と 210 cm 深い , ドア 92 cm 広い
    • その他
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Tactile tours for the blind and visually impaired provided upon request.

    • 注記

      Automatic gate (width: 130 cm) operated with "Euro-Key". Further ramp inside (width: about 180 cm) to overcome 3 steps. From this level, there is direct access to an elevator with "Euro-Key" function.

わたしの旅行プランに追加する

クック・カフェ&ビストロ ウィーン世界博物館内

Heldenplatz, Hofburg, 1010 Wien
わたしの旅行プランに追加する

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *