棺に入ったトガリネズミのミイラ展示会場
© KHM-Museumsverband

ウェス・アンダーソンとトガリネズミの棺

カルト的な映画監督ウェス・アンダーソン(「グランド・ブタペスト・ホテル」「ダージリン急行」「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「犬ヶ島」など)は、列車でヨーロッパを旅するのが好きです。とりわけ彼が愛するのは古いものです。従って彼は、所蔵品から選び出して「特別な展覧会」にしてほしいというウィーン美術史博物館(KHM)の要請も快諾しました。選択に参加した彼のパートナーはレバノン出身のジュマン・マアルーフで、コスチューム・デザイナー&文筆家です。2人は、保管庫にある400万の所蔵品と2年間格闘し、お気に入りを選び出しました。その結果が、KHMとしてはユニークな展覧会となりました。

映画的な演出

「棺に入ったトガリネズミのミイラと秘宝の数々」では400点以上の所蔵品が展示され、その多くが初めて公開されるものです。登場するのは、タイトルとなっているトガリネズミの棺に加え、古代エジプト、ギリシャ、ローマの文化遺産、巨匠の名画の数々、美術工芸収集室、演劇博物館、インスブルック郊外アンブラス城の所蔵品から選ばれた名品の数々です。集められ見事に演出された文化財の数々は、KHMのコレクションの豊かさ、奥行きの深さと多様性、ドラマチックな歴史を浮き彫りにしています。

Spitzmaus Mummy in a Coffin and other Treasures – Wes Anderson and Juman Malouf
棺に入ったトガリネズミのミイラと秘宝の数々-ウェス・アンダーソンとジュマン・マアルーフ

2018年11月6日〜2019年4月28日

Kunsthistorisches Museum (美術史博物館)

Maria-Theresien-Platz, 1010 Wien
  • 料金

  • 営業時間

    • 火 - 日, 10:00 - 18:00
    • 木, 10:00 - 21:00
    • 2019年1月13日まで、および6月〜8月は毎日開館。
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 5 階段 (両開き戸   300  cm  広い )
    • サブエントランス
      • 段差なし
    • 駐車場 メインエントランス
      • 5 身障者用駐車スペースあり
    • エレベーターあり
      • 150 cm 広い と 130 cm 深い , ドア 99 cm 広い
    • その他
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Wheelchair rental possible (please reserve one day in advance).
      Guided tours for visitors with special needs as well as tactile tours for the blind and visually impaired on request (Tel. +43 1 525 24-5202). Three masterpieces of the Renaissance collection of the painting gallery, selected objects of the Kunstkammer, the Egyptian-Oriental collection and the collection of antiquities are available to the blind and visually impaired as castings for touching. A brochure with image descriptions of this in Braille is available. The Kunsthistorisches Museum offers workshops for people with dementia (Tel. +41 1 525 24-5202)
      Wheelchair users who visit the museum via Burgring 5 can purchase their tickets at the shop in the lobby.

わたしの旅行プランに追加する
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *