市庁舎

ウィーン市庁舎

中央尖塔の高さは97.9m、その上には、ウィーンのシンボルのひとつである3.40mの「鉄のラートハウスマン」が立ち、6mの旗を持っています。靴はヨーロッパ・サイズで63という大きなものです。市庁舎では市長が執務にあたるほか、ウィーン特別州とウィーン市の議会が行われます。

市庁舎は1872年から1883年に建てられ、記録的なデータを残しています。約3000万個のレンガと4万立方メートル以上の自然石が建設に用いられました。回廊に取り囲まれ2804 m²の中央中庭は、ヨーロッパ最大規模のひとつに数えられます。祝典ホールは長さ71メートル、幅20メートル、高さは18.5メートルです。消防署が許可したとすれば、このホールでは1500カップルが同時にワルツを踊ることができます。

市庁舎内外は多種多様なイベントの会場となります。最も重要なイベントのひとつは、毎年5月に開催されるライフバル舞踏会です。その他多くの舞踏会も、市庁舎内の豪華なホールで催されます。11月からは市庁舎前のアドヴェント市がクリスマス気分を盛り上げます。1月から3月まで出現するアイスドリームは、世界で最も美しいアイススケートリンクに数えられます。

市庁舎内の市立図書館には、ウィーン関連文献の包括的なコレクションがあり、さらに市立文書保管所もあります。

個人参加できるガイドツアーは、月曜、水曜、金曜の13時から実施されています。事前の申し込みは不要です。議会開催中、法定の祝日、聖金曜日、12月24日と31日、大規模イベントのある日には、ガイドツアーは実施されません。オーディオガイド(英語、フランス語、イタリア語、スペイン語)のレンタルには身分証明書が必要です。

リング通りのバーチャルウォーク・パノラマビュー...

その他の情報はアプリでご利用いただけます: iPhone, Android

ウィーン市庁舎 (Wiener Rathaus)

Friedrich-Schmidt-Platz 1 , 1010 Wien
  • 料金

    • ガイドツアー 無料
  • 営業時間

    • Guided tour 月, 13:00
    • Guided tour 水, 13:00
    • Guided tour 金, 13:00
    • 議会開催中および祝日を除く。団体は1ヶ月前までに予約要。
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • (片開き戸   92  cm  広い )
      • スロープ 545  cm  長い , 47  cm  高い
    • 駐車場 メインエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
    • エレベーターあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Multimedia guides in Austrian and English sign language are available free of charge upon presentation of an official photographic form of ID (passport, identity card, driver’s license).

    • 注記

      Elevator near stair no. 7: door width: 92 cm, cabin depth: 240 cm, cabin width: 130 cm, passage to elevator: 110 cm.
      Elevator near stair no. 8: door width: 92 cm, passage to elevator: 88 cm, cabin width: 110 cm, cabin depth 210 cm.
      Wheelchair-accessible restroom / changing room (near stair no. 8).

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.