ウィーン・プラーターの大観覧車
© WienTourismus/Paul Bauer

再び回転するウィーンのシンボル

1:手動式の大観覧車—冗談ではありません!

大観覧車を建造したイギリス人のウォルター・バセットとハリー・ヒッチンズは、停電の場合にも手動で回転できるよう設計したのです。

2:地上64.75メートルへ上昇

19世紀末には世界的に大観覧車建設のブームがありました。ウィーンの大観覧車は、フランツ・ヨーゼフ皇帝の治世50周年を記念して建造されたものです。1897年6月21日に始動したとき、ウィーンの大観覧車は高さ64.75メートルで、当時世界最高のものでした。

3:「歯っ欠け」の大観覧車

完成した当時、大観覧車には30のワゴンがありましたが、第二次世界大戦後、安全上の配慮から15ワゴンに減らされました。以前の外観に慣れたウィーン市民には歯が抜けたように見え、このため「歯っ欠け」と呼ばれました。

4:430トンの美形

大観覧車の全ての金属部分総重量は430トンに上ります。その重量にもかかわらず、大観覧車は優美で軽やかな印象を与えます。

5:確かなオリエンテーション

大観覧車は、精確に東西南北の地軸を指す位置にあり、南北軸上を回転しています。従って、ワゴンから市内を見渡し、確かなオリエンテーションが得られます。

6:名画のロケ地

プラーターは映画のロケ地としても知られ、とりわけ大観覧車は繰り返し映画に登場しています。映画史上の名作「第三の男」(1949年)を始め、007リビング・デイライツ」(1987年)、 ビフォア・サンライズ恋人までの距離」(1995年)など多くの映画で、大観覧車は密かな主役を演じています。

7:即断即建

ところで・・・「007リビング・デイライツ」の1シーンのため、大観覧車の下にレストランが建てられました。これが大好評で、撮影終了後、同じ場所に本当のレストランがオープンしたのです。

8:眺めのいいディナー

思い出に残るロマンチックなひととき。大観覧車に乗ってキャンドル・ライト・ディナーはいかがでしょう。一回転ごとに、地上の乗降プラットフォームで次の料理が供されます。

9:伝説的スタント

1914年には映画撮影のため、フランスの女性曲馬師が馬に乗って大観覧車で1回転しました。馬はワゴンの中ではなく屋根の上に乗ったのです。当時も今も、これは驚くべきセンセーションです。

10:時速2.7km

ウィーンでは快適性が特に重視されます。もちろん大観覧車も、この鉄則に従って運行されています。時速2.7kmの大観覧車は、無停止なら約4分で1回転します。実際には乗り降りのための停止があるので、1回転の所要時間は約12〜15分です。

大観覧車 (Riesenrad)

Prater, 1020 Wien
  • Vienna City Card

  • 営業時間

    • 無休, 10:00 - 22:00
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし (引き戸式自動ドア   200  cm  広い )
    • 駐車場 メインエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Access to all exhibition rooms and to the restaurant / café: no steps.
      Ramp for wheelchair, all special wagons of the Ferris Wheel are suitable for extra wide wheelchairs.

わたしの旅行プランに追加する

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *