皇帝カールVI世の棺 ウィーン・カプツィーナ墓所

皇帝墓所(カプツィーナ墓所)

この墓所には1633年以来、皇帝家の人々149人の棺が納められ、永眠の地となっています。そのうち12人が皇帝、19人が皇妃および王妃です。ひときわ豪華な棺は、マリア・テレジアと夫君の皇帝フランツ・シュテファン・フォン・ロートリンゲンのためのもので、彫刻家バルタザール・フェルディナント・モルの代表作です。

彼らの棺と著しいコントラストを示すのは、息子であるヨーゼフII世の極めて質素な棺です。ここに納棺された最後の皇帝はフランツ・ヨーゼフIです(1916年)。エリザベート皇妃とルドルフ皇太子の棺も、ここに納められています。墓所の管理をするのは、カプツィーナ教会の修道僧です。1654年から1878年までに世を去ったハプスブルク家の人々の心臓は、アウグスティーナ教会の心臓保管室に安置されています。

皇帝墓所への納棺は現代まで続いています。1989年には、オーストリア最後の皇后ツィタ皇妃の棺が納められました。更に2011年7月16日には、かつての皇太子であり政治家として活動したオットー・ハプスブルクが、レギーナ夫人とともに、ここに永眠の地を得ています。

皇帝納棺所 (Kaisergruft)

Tegetthoffstraße 2, 1010 Wien
  • 料金

  • 営業時間

    • 月 - 日, 10:00 - 18:00
    • 木, 09:00 - 18:00
    • 11月1日、2日:10:00 - 14:00、12月24日、31日:10:00 - 16:00
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし (引き戸式自動ドア   142  cm  広い )
    • エレベーターあり
      • 110 cm 広い と 135 cm 深い , ドア 90 cm 広い
    • その他
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Access to all exhibition rooms: no steps, except 3 steps to the tomb of emperor Franz Joseph and to the burial vault chapel.

      The touching of objects is not permitted due to reasons of preservation.

       

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.