エリザベート皇后の大サロン

王宮:皇帝の住居

ウィーンのホーフブルク王宮は1918年に王朝が終焉するまで、皇帝一家の居城であり執務空間でした。フランツ・ヨーゼフ皇帝とエリザベート皇妃の部屋の数々は見学コースとして一般公開されています。コースには24の部屋があり、皇帝の階段から謁見の間、執務室、居間、寝室などが続いています。ここにはフランツ・ヨーゼフ皇帝と「シシィ」、そして子供たちが住んでいました。

アマリア宮では、エリザベートの私室、アレキサンダーの間、皇帝家族の食堂ほかを見学。各部屋のロココ様式の手の込んだ漆喰の装飾、ブリュッセル製の17世紀から18世紀の綴れ織りの壁掛け、ボヘミアのクリスタル・ガラスのシャンデリア、陶製タイルをつかった部屋の暖房ストーヴには特に目を奪われます。19世紀の家具はルイ15世あるいはアンピール様式で作られています。見学コースのハイライトは、皇妃の体操室兼化粧室と浴室です。皇妃の1日は毎朝6時に、ここで始まりました。まずは長い髪が時間をかけて複雑に結い上げられました。肋木、鉄棒、扉の枠に取り付けられた吊り輪などは、今も保存されています。食堂も印象的で、公式のテーブルセットが再現されています。

ご注意:シシィ博物館、皇帝住居、宮廷銀器コレクションは1枚のチケットで見学できます!

王宮見学の前後に、カフェ・ホーフブルクへどうぞ。

ホーフブルク王宮トップページ

皇帝の住居 (Kaiserappartements)

Hofburg, 1010 Wien
  • 注記

    • 入口:カイザー門(Kaisertor)

  • 営業時間

    • 年9月月 日 ~ 年6月月 日
      Daily 9 a.m. to 5:30 p.m.
    • 年7月月 日 ~ 年8月月 日
      Daily 9 a.m. to 6 p.m.
    • Guided tour for children 土 - 日, 10:30 - 14:30
    • Guided tour for children 祝祭日, 10:30 - 14:30
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
    • エレベーターあり
      • 135 cm 広い と 140 cm 深い , ドア 90 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Access to the exhibition rooms: elevator to the 2nd floor, access to restaurant / café: 1 step.

      Number of steps (Imperial Apartments): 72

       

わたしの旅行プランに追加する
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *