王宮

ホーフブルク王宮

16世紀には厩舎とアマリア宮が付け加えられ、17世紀にはレオポルド宮が、18世紀には帝国宰相宮、書庫、乗馬学校が付け加わって、ヨーゼフ広場が現在の姿を現わしました。

神聖ローマ皇帝ヨーゼフ2世(在位1780-1790)の騎馬像が、ローマのカピトール神殿に建つ皇帝マルクス・アウレリウスの像を摸して、1807年に完成しました。19世紀には旧ブルク劇場の跡地を利用して、ミハエラー広場に面してミハエラー宮を加え、広壮な複合建物が美しい調和を見せて完成。

1900年頃、王宮の最後の造営計画として、新王宮が建設されました。この王宮の建物は、ヘルデン広場を挟んで向かい合わせに2棟の対称的な宮殿を建て、かつ王宮から2棟の博物館に向かうアーチ状の橋を架け、ここに壮大な一大王城を作り上げる、という総合計画のほんの一部分です。しかし、この計画の完成を待たず、帝国がその終焉を迎えました。

現在、王宮には、オーストリア大統領府、国際会議場、日曜日および宗教祝日にウイーン少年合唱団がミサで歌う礼拝堂、スペイン乗馬学校などが入っています。新王宮には、世界博物館、美術史美術博物館分室、エフェソス博物館、楽器コレクションなどがあります。

王宮見学の前後に、カフェ・ホーフブルクへどうぞ。

ホーフブルク王宮トップページ

お薦め:王宮から徒歩数分のところに、ハプスブルク家皇帝たちの墓所・皇帝納骨所(カプツィーナ教会)があります。

U1, U3: Stephansplatz,
U3: Herrengasse,
U2, U3: Volkstheater,
Bus 48A: Dr.-Karl-Renner-Ring,
Tram D, 1, 2, Bus 57A: Burgring

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.