シシィ博物館

シシィ博物館

シシィ博物館では、エリザベートが生活したオリジナルな空間に、神秘に包まれた皇妃の生涯を、通俗的なイメージから離れて、紹介し分析します。展示の焦点は皇妃の日常生活で、宮廷の仕来りに対する反逆、狂信的なまでの美容と痩身への没頭、スポーツ分野におけるトップレベルの技量、夢想家的な詩作など、彼女の多彩な側面が浮き彫りにされます。更に、こうした分析を通して、バイエルン王国での屈託のない少女時代から、思いがけないオーストリア皇帝との婚約、そして1898年にジュネーブで暗殺されるまで、伝説的なエリザベート皇妃の波瀾に富む生涯をたどります。

展示品も多彩です。そのハイライトは、僅かに残された夏のドレスのひとつ、若き花嫁がポルターアーベントと呼ばれる婚礼前夜に着用したドレスのレプリカ、ハンガリー女王としての戴冠式用ドレスのレプリカ、名高い肖像画の数々、小型机と皇妃自ら描いた絵入り封筒、絵の具箱、63点からなる旅行用医療セットなど。また、シシィが旅行に愛用した豪華なサロン列車のレプリカは、内部を歩くことができます。少女時代のハープは、彼女がバイエルンから持参したもので、子供時代の服もレプリカが展示されています。

息子ルドルフ皇太子が世を去った後、彼女はオニキスと黒玉による6点からなる喪服用アクセサリーを着けていました。このセットも展示されています。皇妃のデスマスクも見られます。ジュネーブのレマン湖畔でアナーキストに襲われた彼女は、宿泊先のホテル「ボー・リヴァージュ」へ運ばれました。この時、彼女を覆っていたのは、襟と縁取りをサギの羽根で飾った黒いマントでした。絹の裏地には、皇妃の名前に冠を付けた縫い取りが見られます。このマントも展示されています。

皇帝の部屋見学コースと宮廷銀器コレクションでは、政務などのスケジュールに追われる皇帝の日常生活を垣間見ることができます。また、カフェ・ホーフブルクで多彩な味をお楽しみください。

特別展:馬上の皇妃エリザベート

2016年6月10日〜2017年1月8日

この特別展は、エリザベート皇妃が馬術に注いだ情熱をテーマとしています。彼女は当時屈指の女性騎手でした。稀にしか公開されない18の展示品が、彼女の最初の乗馬体験から、ノルマンディのサセト宮殿における落馬事故までを物語ります。

ホーフブルク王宮の皇帝の部屋および銀器コレクションでは皇帝一家の日常生活を偲ぶことができます。カフェ・ホーフブルクではウィーンの味をお楽しみください。

シシィー博物館、皇帝住居、宮廷銀食器コレクションは1枚のチケットで見学できます!

ホーフブルク王宮:トップページ

シシィ博物館

Michaelerplatz, 1010 Wien
  • 注記

    • 入口:カイザー門(Kaisertor)

  • 料金

  • 営業時間

    • 年9月月 日 ~ 年6月月 日
      Daily 9 a.m. to 4:30 p.m.
    • 年7月月 日 ~ 年8月月 日
      Daily 9 a.m. to 5 p.m.
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
    • エレベーターあり
      • 114 cm 広い と 104 cm 深い , ドア 80 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Access to the exhibition rooms: elevator to the 2nd floor, access to restaurant / café: 1 step.

シシィ・チケット25.50ユーロ(ウィーン・カードで割引料金23ユーロ)で以下の施設に入場できます。シェーンブルン宮殿(グランドツアー、オーディオガイド付き、入場待ち時間なし)、ホーフブルク王宮皇帝の部屋、シシィ博物館、銀器コレクション、宮廷家具調度品/家具博物館

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.