シシィ博物館
© Schloß Schönbrunn Kultur- und Betriebsges.m.b.H./Sisi Museum, Fotograf: Lois Lammerhuber

シシィ博物館

シシィ博物館では、エリザベートが生活したオリジナルな空間に、神秘に包まれた皇妃の生涯を、通俗的なイメージから離れて、紹介し分析します。展示はエリザベート皇妃の私生活に焦点を当てています。宮廷の儀式に対する反逆、狂気に近い美貌への執着、高度なスポーツ能力、数々の旅、自作の感傷的な詩などが彼女の多彩な側面です。バイエルン王国での屈託のない少女時代から、思いがけないオーストリア皇帝との婚約、そして1898年にジュネーブで暗殺されるまで、伝説的なエリザベート皇妃の波瀾に富む生涯をたどります。

展示品も多彩で印象的です。オリジナルのドレスに加え、ポルターアーベント(結婚前夜)のパーティーで着用されたドレスとハンガリー女王としての戴冠式のドレスが再現されています。更に名高い肖像画、小型のセクレタリーデスクとエリザベート自らが絵を描いた封筒、63点の品々からなる旅行用薬箱などが展示され、シシィ専用の豪華な車両のレプリカは内部を歩くことができます。彼女がバイエルンでの少女時代に愛用し、ウィーンに持参したハープも展示されています。

息子ルドルフ皇太子が世を去った後、彼女はオニキスと黒玉による6点からなる喪服用アクセサリーを着けていました。このセットも展示されています。皇妃のデスマスクも見られます。ジュネーブのレマン湖畔でアナーキストに襲われた彼女は、宿泊先のホテル・ボー・リヴァージュへ運ばれました。この時、彼女を覆っていたのは、襟と縁取りをサギの羽根で飾った黒いマントでした。絹の裏地には、皇妃の名前に冠を付けた縫い取りが見られます。このマントも展示されています。

皇帝の部屋見学コース宮廷銀器コレクションでは、政務などのスケジュールに追われる皇帝の日常生活を垣間見ることができます。また、カフェ・ホーフブルクで多彩な味をお楽しみください。

シシィー博物館、皇帝住居、宮廷銀食器コレクションは1枚のチケットで見学できます!

ホーフブルク王宮:トップページ

シシィ博物館

Michaelerplatz, 1010 Wien
  • 注記

    • 入口:カイザー門(Kaisertor)

  • 料金

  • 営業時間

    • 年9月月 日 ~ 年6月月 日
      Daily 9 a.m. to 4:30 p.m.
    • 年7月月 日 ~ 年8月月 日
      Daily 9 a.m. to 5 p.m.
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
    • エレベーターあり
      • 114 cm 広い と 104 cm 深い , ドア 80 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Access to the exhibition rooms: elevator to the 2nd floor, access to restaurant / café: 1 step.

わたしの旅行プランに追加する

映画の中のシシィ

www.habsburger.net

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *