レインボーパレードのレインボーフラッグ
© WienTourismus/Paul Bauer

ウィーンを舞台とするユーロプライド2019

2019年6月1日から16日まで、ウィーンは再び、ヨーロッパにおけるLGBTコミュニティの中心地となります。2週間の会期中には多くのインフォメーション、ディスカッション、カルチャーイベント、パーティが開催され、性的少数者の差別や排除を批判し、平等と寛容を称揚します。既に確定しているイベントも内容豊富です。ユーロプライド・ラン、プライド・ビーチ、動物園のプライド・デー、ウィーンの博物館・美術館を巡るプライド・ガイドツアー、映画の夕べ、シェーンブルン屋外プールでのプライド・プールデーなど・・・

100万人を超える参加者

市庁舎前広場のプライド・ヴィレッジがユーロプライド・コミュニティのセンターです。ヴォティーフ教会前のジークムント・フロイト公園にもプライド・パークがオープン。これは特に最後の3日間、市庁舎前広場の賑わいに疲れた人々の「休憩ラウンジ」となります。ウィーンのユーロプライドには100万人以上の参加者が見込まれています。

大規模なイベントの頂点を飾るのは2019年6月15日のレインボーパレードで、「世界で最も美しいブールバール」リング通りを賑やかに行進します。フィナーレを飾るイベントでは多くのメッセージや国際的なトップアクトが繰り広げられ、これが同時に、豪華なパーティナイトのスタートを告げます。

ストーンウォールから50年

2019年はLGBTコミュニティにとって特別な年です。50年前の1969年6月28日、ニューヨークのゲイバー「ストーンウォール・イン」に対する警察の踏み込み捜査を契機として抵抗運動が始まったからです。この時から今日まで、LGBTコミュニティに同等の権利を要求する運動が続けられています。毎年6月には全世界で、プライド・イベントが頂点を迎えます。

EuroPride 2019

ユーロプライド2019

2019年6月1日〜16日
www.europride2019.at

市庁舎前広場

Rathausplatz, 1010 Wien
わたしの旅行プランに追加する

ジグムント・フロイト公園

Straße des Achten Mai//Votivkirche, 1090 Wien
わたしの旅行プランに追加する
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *