Regenbogenparade

イベント

ウィーン・フェティッシュ・ウィーク&ウィーン・イン・ブラック

ウィーン・フェティッシュ・ウィーク:2017年10月25日~11月1日
ウィーン・イン・ブラック:2017年10月27日~29日

10月末の1週間はフェティッシュ・ウィークです。この期間中ウィーンはフェティッシュ・ファンのメッカとなります。イベントの頂点は、すでに長年人気を集めているウィーン・イン・ブラック・ウィークエンドで、多彩なパーティとイベントが繰り広げられます。www.lmc-vienna.at

レインボー舞踏会

2018年1月27日

ウィンナーワルツは決して男女カップルだけのダンスではありません。レインボー舞踏会は、ゲイ&レズビアンのための古典的な舞踏会です。もちろん、舞踏会に相応しいスーツやドレス着用が必要です。会場はパークホテル・シェーンブルンです。アレス・ワルツァーの合言葉とともに充実した一夜をお過ごしください。www.regenbogenball.at

クリエイティブ舞踏会

2018年2月9日+10日

今やインサイダーのみならず広く人気を集めるクリエーティブ舞踏会は、数週間前にチケットが売り切れます。この舞踏会はゲイ&レズビアンと友情サークルのためのオルタナティブです。www.clubkreativ.at

ディヴァーシティ舞踏会

2018年

2008年から「エクヴァリツェント」協会が毎年開催しているディヴァーシティ舞踏会は、生きる喜びと人々の多様性を称える唯一無二のフェスティバルで、異なる世界を結び付けます。市立公園のクアサロンを会場に、早朝までダンスが繰り広げられます。www.diversityball.at

ウィーン・ボーイレスク・フェスティバル

2018年5月31日+30日

2016年5月には、既に 3回目のウィーン・ボーイレスク・フェスティバルが、ウィーナー・シュタットザールで開催されます。マスターマインドのジャック・パトリアクは再び、世界 最高のボーイレスク&バーレスク・ダンサーを紹介します。2016年のモットーは「カフェ・ボーイレスク‐シシィ・ボーイズ&トム・ガールズ」です。http://viennaboylesquefestival.com/de/

ライフバル舞踏会

2018年5月または6月

ヨーロッパ最高・最大のエイズ支援チャリティ・イベントです。オーストリア共和国首相からハリウッドスターまでが市庁舎前広場で、スターデザイナーによる豪華なファッションショーを楽しみます。その後、市庁舎を会場とする陽気な祝宴と舞踏会が続きます。チケット入手は困難ですが、絢爛豪華なファッションショーはチケット無しでもご覧いただけます。www.lifeplus.at

ウィーン・フェティッシュ・スプリング

2018年5月30日~6月3日

ウィーン・フェティッシュ・スプリングは「ウィーン・イン・シュヴァルツ」の主催者が毎年春に開催するイベントです。聖体の祝日前後に様々なフェティッシュ・イベントが繰り広げられ、イベントのひとつでは「ミスター・レザー・オーストリア」が選ばれます。www.lmc-vienna.at

レインボーパレード&ウィーン・プライド

2018年6月

プライド・ヴィレッジが2017年にも市庁舎前広場に登場します。ここではインフォメーションやスナック、DJラインアップ、デッキチェアが提供されます。ウィーン・プライドのクライマックスは恒例のレインボーパレードで、リング通りを舞台に、ゲイ&レズビアンのための寛容と社会的平等を呼びかけます。www.viennapride.at

ユーロプライド2019

2019年のユーロプライドは、2001年の開催地ウィーンが再び舞台となります。詳細は追って公表。www.europride2019.at

アイデンティティーズ‐クィア・フィルム・フェスティバル

2019年6月

「アイデン ティティーズ」は文化イベントのハイライトのひとつであり、ウィーンにおける2番目に大きな国際的映画イベントです。世界各国のクィア映画の傑作が、 ウィーンの主要な映画館で上映されます。パーティからクラビングまで付帯プログラムも豊富で、内容豊かでエキサイティングな1週間が約束されています。隔 年のフェスティバル以外でも、アイデンティティーズはゲイ&レズビアンのための名画の数々を紹介します。www.identities.at

想像力を超えるファンタジー、ユーロプライド2019

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *