Schuhe

オーダーメードの高級品

シェールはすでに長い伝統を誇る老舗です。 1816年、ヨハン・シェールがオーダーメードの高級靴店をオープン、その孫ルドルフは、フランツ・ヨーゼフ皇帝など、名立たる顧客のため靴を制作、1878年には「帝室御用達靴店」のタイトルを与えられました。 家族経営の老舗も今では7代目となり、伝統そのままに、紳士淑女のため、オーダーメードの靴を作り続けています。

ルードヴィヒ・ライター・シューマニュファクチャー(靴工房)も、すでに4代続く家族経営で、伝統的なグッドイヤー・ウェルト製法による、クラッシックなウィーン・スタイルの高級靴を生産しています。加えて最近数十年、ライターでは、高級カジュアル・シューズ、皮革製品、アクセサリーなどを開発しています。
ルードヴィヒ・ライターのチェーン店はオーストリアとドイツにあります。中でも、とりわけ趣き深いのは、ウィーン旧市街「ドライメードルハウス(三人娘の家)」にある店舗です。この建物は、ウィーンの古い城壁の一部であるメルカーバスタイに、1803年に建てられた歴史的建築です。

高級専門店の並ぶグラーベンの通りで、すでに100年以上の伝統を誇る紳士服の老舗クニーシェ&カンパニー。 19世紀にはハプスブルク皇帝家の人々が、クニーシェの常連客でした。 1922年、クニーシェは、世界最初のモダンな紳士服レーベルとなりました。当時から今日に至るまで、目先の流行を追うことなく、妥協の無い最高のスタイルをモットーとしています。

レパートリーも、フロックコート、スモーキング、カット、背広、ブレザー、シュトレーゼマンなど多岐にわたっています。 この老舗から送り出されたもうひとつのクラシック作品が「クニーシェ・テン」で、世界のダンディに不可欠の香りの名品です。この製品も既に前世紀20年代から売り出されていました。

オーダーメードの最高級テーブルクロス、ベッドカバーやシーツ・タオル類を提供するシュヴェービッシェ・ユングフラウも、グラーベンにある老舗のひとつです。伝統の店舗は1720年、シュヴァーベン出身のテキスタイル商人が創設したもので、後に重要な帝室御用達商人となりました。現在はハンニ・ファニセックと甥のテオドール・ファニセックが経営しています。ウィーン8区にある独自のアトリエでは、最高級の注文製品、イニシャルの縫い取りや刺繍が仕上げられています。世界中の王室からも注文があります。マレーシア王は国家訪問の折、自らグラーベンに出かけて店舗を訪問しています。

シェール

Bräunerstraße 4, 1010 Wien

ルードヴィッヒ・ライター靴マニュファクチャー

Mölkersteig 1, 1010 Wien

クニツェ

Graben 13 , 1010 Wien

シュヴェービッシェ・ユングフラウ

Graben 26 , 1010 Wien
Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.