Mann am Citybike in Park

サイクリングの街ウィーン

市内の名所をじっくり楽しみたいという場合、自転車は特別の威力を発揮します。フレキシブルで環境にも優しく、駐車場を探す心配もありません。サイクリング人気がますます高まる中で、ウィーンは数々の斬新な施設を整備しました。これによって一層多くの人々が、自転車による市内観光を楽しむようになっています。

例えば、自転車専用ルートは持続的に拡張され、1986年に比べ5倍の長さとなっています。現時点でのサイクリングルートは全長1300キロメートル、今後も更に拡張されます。

ウィーンで市内観光サイクリングを楽しむため、自転車を持参する必要はありません。プラーターとドナウ河岸の随所にレンタサイクルの店が営業しています。加えて旧市街を中心に、レンタサイクル・システム「シティバイク」が定着しています。1200台以上の貸し自転車が、市内100ヵ所のステーションに常備され、利用者のコースに合わせて、これらのステーションのひとつに返却することができます。

シティバイクの利用法:www.citybikewien.atでオンライン登録、またはステーションでクレジットカード(Master Card, Visa, JCB)で利用者登録をします。登録料金:1ユーロ。バイク利用料金:1時間目=無料、2時間まで=1ユーロ、3時間まで=2ユーロ、4〜120時間=1時間につき4ユーロ。 

上記の他に、シティバイク・ツーリストカードを利用すると使用料は丸1日2ユーロに過ぎません。カードはお泊まりのホテル(一部のホテルでは利用できません)のほか、Royal Tours(1区, Herrengasse 1-3)やPedal Power(2区, Ausstellungsstraße 3)でお求めになれます。

ウィーンで最も重要な歴史的名所に関しては、サイクリング用テーマルートガイド「リンク・ルンド(リンク通り巡り)」をご参照ください。 このサイクリングコースの大半は、リンク大通りに立ち並ぶ涼しい並木の下を通ります。このルートに沿ってブルク劇場、市庁舎、国会議事堂、ホーフブルク王宮、自然史博物館、美術史博物館、オペラ座、市立公園、ウラニアなどの名所があります。

しかも、同じルートの車道は、すでに長年開催されているオーストリア一周ロードレースの最終ステージとなります。ロードレースに参加する選手にとっては速度だけが問題で、周囲に広がる美しい風景を楽しむ暇はありません。その点、サイクリングで観光ルートを回る旅行者は幸せと言えるでしょう。

Citybike

シティバイク

Tel. (+43 1) 795 970
www.citybikewien.at

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.