エリウド・キプチョゲ選手、フィニッシュ風景
© INEOS 1_59 Challenge

ウィーンでマラソン世界記録誕生

イネオス1:59チャレンジ」と題したイベントで、42キロマラソンコース世界記録挑戦に臨んだキプチョゲは1時間59分40秒をマークし、見事に快挙達成となりました。

「自らを信じる人間に限界はないことを証明できた」

前人未到の2時間切りを達成した史上最速のランナー、キプチョゲはこう語っています。
コースのスタートはドナウ川に架かるライヒスブリュッケ橋、近くには毎年4月に開催されるウィーン・シティマラソン2020のスタートポイントがあります。スタートから約1.2キロを経てプラーター公園に入り、直線で高低差のほとんどないハウプトアレーの特設コースを8回走破。平均時速21キロ以上のペースをキープし、折り返し地点での減速を避けるため、プラーターシュテルンとルストハウスは周走。プラーターシュテルンからハウプトアレーのフィニッシュまでの最終2キロは、世界屈指のベストタイムを記録しました。

30以上のテレビ局が取材、世界200ヶ国にライブ中継されました。

あなたも新記録に挑戦しませんか:第37回ウィーン・シティマラソン参加申し込み受付開始!

参加申し込みー お申し込みはお早めに!

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *