Tischtenniscenter Langegasse

卓球の楽しみ

卓球センター・ランゲガッセはウィーン8区にあり、リンク大通りに面するヴォティーフ教会の近くです。ちょっと試合を楽しんだり気分転換をするのに最適です。利用者層は様々な年齢で幅広く、近くにあるウィーン大学の教授陣や学生たちも多く、レベルも初級から最上級まで。

13の卓球台があるため、少なくとも1台は必ず空いています。ちょっと覗いてみましょう。卓球台1台とラケット使用料が、ひとり1時間10ユーロ、買い取り制の玉は1個1ユーロです。

トレーニングの文化

かつてプリッツィ・ホールと呼ばれたスポーツ施設には、興味深い歴史があります。既に19世紀末、この施設は卓球サロンと呼ばれ、燕尾服の紳士たちが卓球をしていました。これはおそらく世界最古の卓球ホールで、ここでトレーニングしたのは、オーストリアの女子世界選手権保持者トゥルーデ・プリッツィだけではありません。一連の著名選手やナショナルチームが、歴史的なホールで定期的にトレーニングをしています(2003年度のシングル世界選手権保持者ウェルナー・シュラーガー、ハインツ・シュリューター、ルディ・ワインマン、ディン・イー、ハンス・ボレーナなど)。ショーケースには、往時に使われていた歴史的な卓球用具が飾られています。

お薦め:火曜から土曜の18時以降、卓球センターでは、OMARカクテルバーがオープンします。スポーツの後でドリンクを楽しむのに最適です。

テニスセンター・ランゲガッセ

Lange Gasse 69, 1080 Wien
  • 営業時間

    • 月 - 金, 10:00 - 22:00
    • 土 - 日, 10:00 - 20:00
    • 祝祭日, 10:00 - 20:00

 

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.