フィアカーで旧市街を巡るカップル

フィアカーで行くウィーン

フィアカーという言葉は、もともとフランス語に由来するもので、パリのサン・フィアクル通りを往来する辻馬車に起源します。1720年、それまでウィーンでヤンシュキー馬車と呼ばれていた辻馬車が「フィアカー」と改称され、同時に番号を与えられました。

その後、辻馬車は大ブームを迎え、1860年から1900年には、1000台以上のフィアカーが運行していました。しかも、多くの御者は市民に親しまれる人気者で、歌手としても見事な歌を披露しました。とりわけ高く評価されたのは、フィアカーの御者たちが、プライバシーの秘密を厳守したことです。そこで、貴族の紳士たちも安心して、フィアカーを愛人との密会の場に利用しました。歴史上最も知られる御者はヨーゼフ・ブラートフィッシュでしょう。彼はルドルフ皇太子のお気に入りで、1889年、皇太子と愛人のマリー・ヴェツェラがマイヤーリンクへ向かったときも、御者を務めています。2人はマイヤーリンクで悲劇的に世を去りました。

現代のウィーンでも、フィアカーは街に欠かせない存在です。フィアカー乗り場はシュテファン広場、ヘルデンプラッツ(場合によってはミヒャエラープラッツ)、アルベルティーナ広場、ペータースプラッツ、ブルク劇場横にあります。ショートコース(旧市街を回る約20分)は55ユーロ、ロングコース(リンク大通りと旧市街を回る約40分)は80ユーロです。さらに、お好みのコースによる特別ツアーも、直接フィアカー業者に予約することができます。(フィアカー業者リスト).

2012年春からウィーン中央墓地でもフィアカー馬車による墓地の見学ができます。乗り場は第2門横、木曜〜日曜10時〜16時30分。中央墓地に眠る有名人(モーツァルト、シューベルト、ベートーヴェン、ハンス・モーザー、ファルコ、アドルフ・ロースほか)の墓碑を巡りながら、美しい霊園のたたずまいに触れることができます。4人乗り馬車ショートコース(30分間)40ユーロ、ロングコース(60分間)70ユーロ。実施期間:4月上旬〜9月末。予約もできます:月曜〜水曜Tel. +43-(0)699-181 540 22

特別のヒントをご紹介しましょう。特に安定した快適な走行をお望みの場合には、御者に「ポルツェランフール(陶磁器運び)」とお申し付けください。馬車のみが高速交通機関だった時代、陶磁器を運搬するときには、細心の注意が払われたのです。この快適な乗り心地は、どなたにも必ずお気に召すことでしょう。

Teilen, bewerten und Feedback
記事を評価する
記事を友達にすすめる

* の印がある欄は必ず入力してください。
入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
受信者
wien.info 編集部へのご意見

* の印がある欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *
Mr./Ms.