現在のページ:

ヨハン・シュトラウス記念碑
© Schaub-Walzer / PID

ヨハン・シュトラウス記念像

1921年の記念像除幕式ではウィーン・フィルが、ヨハン・シュトラウス(息子)の「美しく青きドナウ」を演奏しました。

シュトラウス記念像は、人々のイメージに刻み込まれた彼の姿を再現しています。それは、オーケストラの前に立ってバイオリンを演奏するワルツ王です。人物像は金箔を施したブロンズで、碑銘を刻んだ台座の上に立ち、背後には月桂冠を連想させる大理石のアーチがあります。

ヨハン・シュトラウス(息子)は1825年に生まれ、1899年に世を去りました。彼の作品の大半はダンス音楽であり、文字通りワルツ王だったのです。しかし、その重要な作品には、今日まで人気の高いオペレッタも含まれています(「こうもり」「ジプシー男爵」など)。

シュトラウスゆかりのスポット

ヨハン・シュトラウス記念像

Stadtpark
1010 Vienna

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介