ウィーン、市庁舎からの眺望

現在のページ:

エコノミスト2023年:ウィーンは再び「世界で最も住みやすい都市」で首位に

EIU(エコノミスト・インテリジェンス・ユニット)は「エコノミスト・グループ」の一員で、国際的なレベルで予測やコンサルティングサービスを提供している。2004年から毎年発表されている「世界住みやすさ指数」ランキングでは、世界100以上の主要都市を比較している。

2023年6月にウィーンは再び首位に輝きました。既に2018年にウィーンは、7年連続首位であったメルボルンに代わり、 ヨーロッパの都市として初めて 1位を獲得しました。2019年、2022年にも首位となりました。 

医療、教育、インフラ、文化 などの基準に加え、特に 治安と安定性 といった面でポイントを獲得しました。2位から5位にはコペンハーゲン、メルボルン、シドニー、バンクーバーがランクインしています。

調査の詳細

多くの国際的なランキングが、ウィーンを住みやすい都市のトップであると証明してきました。

  • 2023:『モノクル(Monocle)』が選ぶ世界で最も暮らしやすい都市2023 1位
  • 2023:「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」の「世界で最も住みやすい都市ランキング」1位
  • 2022:国際会議協会(ICCA)ランキング1位
  • 2019:コンサルティング会社ローラントベルガーの「スマートシティ戦略ランキング」1位
  • 2019:『モノクル(Monocle)』が選ぶ世界で最も暮らしやすい都市1位
  • 2018:最大のLGBT旅行プラットフォームGayTravel.comの「2017年最高の旅の目的地」選出
記事を評価する