ウィーン、市庁舎からの眺望

現在のページ:

ウィーンが再び首位に

同誌の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)」が2004年から毎年発表している「世界で最も住みやすい都市」ランキングは、世界140以上の主要都市を比較するもので、世界的に高い評価を得ています。2022年6月、そのランキングでウィーンは首位に返り咲きました。すでに2018年と2019年にヨーロッパの都市として初めて1位を獲得しているウィーンは、メルボルンに代わり、7年ぶりに「最も住みやすい都市」となりました。医療、教育、インフラ、文化などの基準に加え、とくに治安と安定性といった面でポイントを獲得しました。

2位から5位には、コペンハーゲン(デンマーク)、チューリッヒ(スイス)、カルガリー(カナダ)、バンクーバー(カナダ)がランクインしています。ウィーンは米コンサルティング会社マーサーの「世界生活環境調査・都市ランキング」ですでに上位を占めてきましたが、今回は「世界で最も住みやすい都市 2022」でも首位を獲得しました。

調査の詳細

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

ご関心をお持ちと思われる内容