グスタフ・クリムト:『エミーリエ・フレーゲの肖像』(1902年)

現在のページ:

分離派。クリムト、シュトゥック、リーバーマン

19世紀の末に、西ヨーロッパでは大きな転換点が訪れました:セセッシオンに影響を受けたモダニズムの成立-時代に合わなくなった芸術規範からの離反です。変化しなかったものはありませんでした。国家的な枠組みは拒否され、芸術家たちは自由を求め、新しい協会を設立したのです。ドイツ語圏の重要なセセッシオン(分離派)は時代的にも人物的にも重なり合います:1892年のミュンヘン、1897年の ウィーン 、1899年のベルリン。こんにちまで世界的に有名な主役は、グスタフ・クリムト(ウィーン)、フランツ・フォン・シュトゥック(ミュンヘン)、マックス・リーバーマン(ベルリン)。

3つのセセッシオン(分離派)を新しい視点で

改修、増築され華々しく行われた ウィーン・ミュージアム のリニューアルオープンから半年、 ベルリン旧国立美術館 との協力の元、見事な展示プロジェクトが立ち上がります。ドイツの首都で2023年からすでに行われていた展示は大盛況で、23万人が訪れ、一度開催期間が延長されるほどでした。キュレーターを務めるのは、ウィーン・ミュージアムの館長代理ウルスラ・ストルヒと、自身も長期間にわたりウィーン・ミュージアムに務め、2025年より アルベルティーナ美術館 総館長としてウィーンに戻る予定でいるベルリン旧国立美術館館長ラルフ・グライスです。 

特別展示のための5階のスペースで行われる展示は3つのセセッシオン(分離派)運動に新しい視点で迫り、テーマとなることが稀な共通点を浮き彫りにします。3つの動きがいかに互いに影響を与え、互いに刺激しあい、参加する芸術家がいかに互いに繋がりあっていたか。展示されるのはミュンヘン、ウィーン、そしてベルリンのセセッシオン(分離派)約80名、140余りの絵画、彫刻、グラフィックです。ベルリンでの運動ではちなみに唯一、女性も参加していました。

ウィーン・ミュージアムの重要なゲスト

「分離派。クリムト、シュトゥック、リーバーマン」はウィーン・ミュージアムのために新しく構成されました。数多くの所蔵作品以外にも国内外からの一流の貸与によって多くの作品を展示することができるのです。多数のベルリン(新旧の国立美術館)、そしてミュンヘン(レンバッハハウス美術館、ヴィラ・シュトゥック)からの作品を目にすることができます。グスタフ・クリムト の故郷であり活動場所であったウィーンからは、ユーゲントシュティールの天才の複数の重要な作品が訪れています:特に演劇博物館からは文字通り「裸の真実」を示す 『ヌーダ・ヴェリタス』 、そして ベルヴェデーレ からはクリムトの有名な女性像『ソニヤ・クニップスの肖像』が。 

分離派。クリムト、シュトゥック、リーバーマン

ウィーン・ミュージアムにて、2024年5月23日~10月13日

ウィーン・ミュージアム カールスプラッツ

Karlsplatz 8
1040 Vienna
  • ウィーンカード

    • ウィーンカードのメリット: -25%

      Additional information on the offer:

      Discount valid on special exhibitions
      Standard ticket price: 12€ or 8€ (depending on the exhibition) / reduced ticket price: 10€ or 6€

      Tickets available online and on site

      Please book here to get your Vienna City Card discount:

  • 料金

    • The permanent exhibition is accessible free of charge. Free admission to the special exhibitions on the upper floor for all under 19 and every first Sunday of the month.
  • 営業時間

    • 火, 09:00 - 18:00
    • 水, 09:00 - 18:00
    • 木, 09:00 - 21:00
    • 金, 09:00 - 18:00
    • 土, 10:00 - 18:00
    • 日, 10:00 - 18:00
    • Closed on January 1; May, 1 and December, 25.

  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし (両開き戸 179 cm 広い)
        via ramp
    • 駐車場 メインエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
        directly behind the museum (Maderstrasse), access to the museum: no steps
    • エレベーターあり
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Wheelchair for rental, seats available. Permanent exhibition tours for visually impaired visitors by prior arrangement (Tel. +43 1 505 87 47-85 180). Overview map in large print available.

    • 注記

      The exhibition area is accessible via elevator (orientation with Braille) and deducible with the wheelchair.

記事を評価する

ご関心をお持ちと思われる内容