ウィーン国立オペラ座

現在のページ:

国立歌劇場ガイドツアー

ガイドツアーでウィーン国立歌劇場の舞台裏をご覧ください。観客席からは想像もできないオペラの世界が広がっています。劇場の歴史、オペラ上演の仕組み、建築などについての興味深い情報が紹介されます。

ホワイエから中央大階段を上り、各広間(ティーサロン、大理石の間、シュヴィント・ホワイエ、グスタフ・マーラー・ホール)を通って観客席に入り、そこから舞台を眺めます。客席の1階席は年に一度、オペラ座舞踏会でボールルームに変身します。世界でおなじみの光景です。上の階の席は、普段は地元ウィーンの観客で埋まっています。 

ガイドツアー実施日、言語

ガイドツアーのスケジュール(常時ドイツ語と英語では実施)は、ウィーン国立歌劇場の公式サイトで確認できます。各国語でのガイドツアーの実施状況については、同サイトに記載の連絡先までお問い合わせください。

お申し込み

ガイドツアーの定員は30名ですので、希望の時間帯に参加できるよう、個人の方にはオンラインでの申し込みをおすすめします。団体の場合は、あらかじめウィーン国立歌劇場にお問い合わせください。

© Vienna Tourist Board, Paul Bauer


ウィーン国立オペラ座 (Wiener Staatsoper)

Opernring 2
1010 Vienna
  • バリアフリー

    • サブエントランス
      • 2 階段 (片開き戸 87 cm 広い)
    • 駐車場 メインエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
        Operngasse, Opernring intersection
    • エレベーターあり
      • ドア 80 cm 広い
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • 22 車椅子用スペースあり (4 in the stalls/orchestra, 18 seats in the gallery as needed)
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Tours in ten languages, prior notification for wheelchair users necessary (Tel. +43 1 514 44–2606). Language display.

    • 注記

      Portable ramps available for steps inside building.
      To reserve wheelchair and companion seats for performances, tel. +43 1 514 44-2653 (Mo-Fri, 9.00 am – 4.00 pm)

記事を評価する

ご関心をお持ちと思われる内容