プラーター公園

大観覧車

現在のページ:

プラター公園の並木
© WienTourismus / Popp & Hackner

緑のプラーター

緑のプラーターの大動脈は「ハウプトアレー」と呼ばれる4.5キロメートルの幅広い舗装道路。2500本の街路樹がプラーターシュテルンとレストランとなっている「ルストハウス」を結んでいます。この建物はかつて皇帝家の猟館だったものです。

この辺りは毎年春に開催されるウィーン・シティマラソンのコースとして知られています。距離標識やチェックポイントのあるルートは「渇きの道」として、マラソンコースの難所となっています。左右に大木の並ぶ舗装道路はスケーターにとっても理想のコースで、また散策、サイクリングなどにも快適です。時にはフィアカーと呼ばれるウィーン伝統の馬車も姿を見せます。

自転車でマイペース……

この豪華なプロムナードをマイペースで楽しみたいという方は、貸し自転車をお勧めします。あるいはユニークな輪タクは如何でしょう。ミニ鉄道「リリプットバーン」も快適です。この列車は大観覧車の近くから発車、エルンスト=ハッペル・スタジアムに至ります 。沿線には、マウンテンバイクやスケートボードのためのBMXコースのほか、スタディオンバートがあります。これは最新設備の屋外プールで、5月から9月まで、水泳や日光浴の人々で賑わいます。

メインストリートを離れて

プラーターの並木道(ハウプトアレー)から数歩離れただけで別世界が始まります。広い芝原や雑木林、かつてのドナウ川支流など、ここでは静かな散策やハイキングは如何でしょう。お薦めは、地下鉄U1のPraterstern駅から全長13キロのハイキングルート9番(Stadtwanderwegs 9)の標識に従って、フロイデナウの小な水郷地帯へのルートを歩くことです。自然の中の静かな散歩道の散策が楽しめます。ホイシュタデルワッサーHeustadelwasser は、ドナウ川の支流を一部埋め立てた湖で、水泳には適しませんが、湖畔の散歩や、物思いに耽るには素敵な場所です。また、魅力的な乗馬道があり、馬上からこの界隈を探索することができます。

ゴルフクラブ・フロイデナウゴルフファン必見のスポットで、プラーターのルストハウスのすぐ後にあります。競馬の雰囲気を楽しみたいという方は、見本市会場の後にある繋駕競馬場にお出かけください。1878年に開設された施設はヨーロッパで最も古い鉄筋コンクリートの観客席で、文化財に指定されています。

プラーター トップページ

緑のプラーター プラーターシュテルンとウィンターハーフェン(港)の間

Prater
1020 Vienna
  • バリアフリー

    • メインエントランス
    • 駐車場 メインエントランス
      • 身障者用駐車スペースあり
        at Riesenrad (Giant Ferris Wheel) and Schweizerhaus (1.-Mai-Strasse)
    • その他
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 注記

      Wheelchair-accessible restrooms: Messegelände / Parkplatz, 1.-Mai-Strasse (in the middle), Calafattiplatz.