現在のページ:

シェーンブルン宮殿の迷路庭園

シェーンブルン宮殿の迷路庭園は1698年から1740年にかけて作られました。それぞれ異なったデザインをもつ合計6つのセクションからなり、全長3キロにわたる迷路の世界が広がっていました。その後徐々に迷路は簡素化され、1892年には完全に姿を消してしまいました。

百年後の1998年秋、可能な限りオリジナルの設計に基いた迷路庭園がふたたびシェーンブルン宮殿に姿を現わし、内外から訪れる数多くのひとたちの人気を呼んでいます。

シェーンブルン:迷路庭園

Schönbrunner Schlossstraße
1130 Vienna

お薦め記事紹介

* 印の欄は必ず入力してください。

入力データやメールアドレスは、保存されたり第三者が利用したりすることはありません。

送信者
宛先 *

件名:www.wien.infoお薦め記事紹介

記事を評価する
記事を評価する

wien.info 編集部宛ご意見・ご感想

* 印の欄は必ず入力してください。

Mr./Ms. *

ご関心をお持ちと思われる内容