ライフスタイル

フォルクス劇場のローテ・バーと美しいシャンデリア

現在のページ:

ミュージアム・クオーター、中庭
© Wolfgang Simlinger

夏のミュージアム・クォーター

どんなガイドブックにも載っているミュージアム・クォーターですが、かつて旧帝国厩舎があったこの場所は、ウィーン市民にも人気スポットです。特に夏は、雰囲気を楽しんだり、冷たいビールを片手におしゃべりしたり、ブール(フランス生まれの球技)を興じたり。ミュージアム・クォーターは街の屋外リビングルームのように親しまれています。すでにミュージアム・クォーターではお馴染みで、毎年色が変わる屋外ソファーは、ポップな雰囲気を演出します。それに横たわって空を見上げてみてください!これがウィーン風のリラックス方法なのです。

ミュージアム・クォーター(MQ)は、世界最大規模のカルチャーエリアのひとつです。大きな美術館から、小さな音楽・芸術の文化活動、前衛的でお洒落なレストランが混在するこの場所は、サクセスエリアとして輝いています。数々の展覧会で美術鑑賞の後は、カフェテラスでコーヒーブレーク。あるいはミュージアムクォーターの広い中庭に設置されたスタイリッシュな屋外ソファーでひと休み。ブール競技に挑戦するのも良いでしょう。ヴィーガニスタのアイスクリームも味わいましょう(アイススタンドは毎日11時〜22時オープン)。

新たな展望テラス:MQリベレ(Libelle, トンボ)

市街地の素晴らしい眺望を提供するのがMQリベレです。レオポルド美術館屋上の新しいカフェテラスへは2つのエレベーターが通じています。座席も多く、小さなキオスク「ツァ・リベレ(Zur Libelle)」では、シャンペン・レバーケーゼや各種ドリンクをお楽しみください。MQリベレは火曜を除く毎日10時〜22時オープン。

ブール球技や彫刻広場「MQアモーレ」の大人気ミニゴルフコースも再開され賑わっています。12のオブジェが設置されたMQ前広場のミニゴルフコースでは、10月まで毎日プレイすることができます。(月曜〜金曜12時〜22時、土曜〜日曜&祝日10時〜22時)

美術&映画鑑賞

多彩な美術館で名作の数々をご覧ください。レオポルド美術館には世界最大のエゴン・シーレ・コレクションがあります。現代作品の数々は近代美術館mumokクンストハレ・ウィーンに展示されています。建築センターは、現代建築に関する魅力的な展示の数々で人気を集めています。

文学フェスティバルO-Töne(オリジナルトーン)では7月と8月の毎週木曜日に、トップレベルの屋外朗読会が開催されます。映画ファンのためにはフェスティバル・フレームアウトがあります。2021年7月9日から8月28日までの毎週金曜・土曜日22時から、MQ中庭のアウトドア・スクリーンでオーディオヴィジュアルな創造の世界をご覧ください。

ウィーン・ミュージアム・クォーター

Museumsplatz 1
1070 Vienna
  • バリアフリー

    • メインエントランス
      • 段差なし
    • 駐車場 メインエントランス
      • 4 身障者用駐車スペースあり
        6 parking spaces within the MuseumsQuartier complex
    • その他
      • 盲導犬同伴可
      • バリアフリーの入口付き障害者用トイレあり
    • 障害者向け特別サービス

      Wheelchair service in the MQ-Point by the main entrance: daily 10 am – 7 pm free rental (form of ID left as a deposit). Inductive audio systems in the auditoriums (Hall E + G). 
 Seeing-eye dogs by prior arrangement with the respective cultural institutions.

    • 注記

      Access to all MuseumsQuartier institutions: no steps. All public elevators are suitable for wheelchairs.